menu

台風19号で被災された鹿島台志田谷地地区の皆さんが避難をされていた避難所旧第2小学校体育館で閉所式を行いました。
当初は多いときには200人程の皆さんが身を寄せておりましたが、日を追う毎にみなし仮設、賃貸アパート、市営住宅等にに住まわれるようになりました。
ここに来て寒さが身にしみるようになり、体育館も朝晩は底冷えし、身体に応えることも心配されました。
ただ、避難所で共同生活をしていたのに、みなし仮設等で生活していくことは友人と会えない、談笑も出来なくなり寂しくなると聞きました。離れることで孤独になってしまうおそれがあり、そこで行政は被災者ひとり一人に寄り添わなければなりません。
私もこれからも被災者の皆さんを支援してまいりますので、宜しくお願いいたします。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大崎市 山田和明
yamada-2525-tab@docmo.ne.jp