menu

本日は、大崎地域広域行政組合が運営する5斎場(加美・玉造・古川・松山・涌谷)の統廃合計画で、古川・松山・涌谷の3箇所を統合・新設する予定の「東部新斎場」については、圏域住民福祉の向上及び利便性などの観点から早期建設が求められております。
その中建設用地の選定が難航し、最終候補地が絞り込まれる中、圏域全体での斎場の在り方を十分に考慮し、住民福祉の向上や利便性等を優先した検討を最も重要とする観点から「東部斎場」の建設用地として最適地だと考えられる大崎市松山伊場野石宮地区を選定いただき、早期建設を推進されるよう陳情するものです。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大崎市 山田和明
yamada-2525-tab@docmo.ne.jp