menu

DSC_2843

県河川の大迫川でこの程、路肩のり崩れをおこしていた箇所に、トンパックを置きのり崩れ防止策を講じました。
大雨時には大迫川では流れがきつく、カーブも多いなめ路肩を削る始末、そのため、護岸は築かれては来ましたが、水の浸食で路肩ののり崩れが度々発生し、昨年秋、北部土木事務所, 佐藤河川砂防班長と大迫行政区長さんと合同現地調査を実施しておりました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大崎市 山田和明
yamada-2525-tab@docmo.ne.jp