menu

本日は、大崎市に住む視覚障がい者の団体の皆さんと懇談する機会がありました。その中で、65歳以下の障がい者に対してのホームヘルプサービス事業で一人当たり90分の制限時間になっており、松山に住むものとしてスーパーが無いために買い物にヘルパーは往復40分を要しており、そのため90分では足りないため2時間、3時間にはならないのか。また、65歳以上の障がい者が使うホームヘルプサービス事業は60分なので、我々障がい者は時間が足りないので、120分位は必要だ。次に大崎市で取り組んでいる防災行政無線について、外部スピカーから情報を得ておりますが、なかなか聞きづらい防災無線になっているが、聞こえやすい防災行政無線にならないのかなどの声が上がりました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大崎市 山田和明
yamada-2525-tab@docmo.ne.jp