menu
バックナンバー 2018年 9月

本日は、渕花行政区で敬老祝賀会があり伺ってきました。
開会の挨拶を黒澤行政区長さんから、渕花行政区では茶話会を始めおおさき100歳体操を毎月行っておりますので是非ともおいで下さいと。
また、米寿を迎えた高橋様に区長さんから市長のメッセージをお伝えいたしました。
私からもお祝いの挨拶を、どうぞ、皆さん方は健康で毎日過ごす下さいと。そして、鹿島台地域で行われている事業を始め、大崎市が取り組んでいることもをお伝えしました。
2部の敬老祝賀会では、石巻市の笑福仙人・伏見不二雄様による講演。
民謡あり、余興ではお腹を抱えての楽しく過ごさせていただきました。

DSC_2200

朝から肌寒い中鹿島台なかよし園では親子運動会を。オープニングは5歳児によるバルーンによる演技で友よ~この先ずっと…のスローガンの下、笑顔溢れ見事にバルーンを操って皆さんから拍手喝采でした。
これまで練習してきたことを0歳児から5歳児までの189名の子どもたちが元気に演技していることが、大変嬉しいです。
プログラムでは、1歳・2歳児によるかけっこ、よーい☆ドンはよちよち歩きはとても可愛かった……
同じく3歳児のかけっこは、芝生のトラック一週を見事に走りきり、あたたかい応援が好走しておりました。
祖父母・来賓による玉入れに出場しましたが、なかなか思うようにお手玉は入らなかったです。
玉入れ終了後なかよし園を後にしました。

DSC_2193

今日は、朝から空は澄み渡り何ともいえ這い気持の良い一日でした。
さて、台風24号は日本列島を縦断する最悪のコースを辿るようです。大雨、暴風に厳重な警戒をしなければなりません。
鹿島台総合支所でも台風24号の情報を得ながら岡崎支所長を中心に対策会議を開いておりました。

第3回定例会も週明け、10月2日から一般質問が始まり、大綱3点について質問します。「鹿島台小学校校門の扉の保存」「幼児教育から小中学校まで一貫した発達障がいに係る支援体制について」「幼児教育・保育の無償化に対する大崎市の対応について」それぞれ原稿を仕上げました。

ところで、昨年から北部土木事務所・河川砂防班長に県河川広長川の法崩れ防止対策工事を要望しておりましたが、工事も順調に進み間もなく完成する運びとなりました。

DSC_2191

DSC_2192

本日は、平成29年度決算特別委員会も建設常任委員会最後の質疑者として4項目に渡って質疑をしました。道路橋りょう維持費では繰越明許費として1億4千万円ほど計上しているが、その理由と法律に基づいての執行だが職員体制について質疑を。大崎市立地適正化計画策定業務では、七日町周辺再開発を進めるため、将来の人口予測や財政状況を基に都市の将来像をどう展望していくかと質疑を。
下水道事業では、巳侍田調整池築造工事の進捗状況。
水道事業では、キャッシュフロー計算書についてそれぞれ質疑を展開しました。
佐藤決算特別委員長から平成29年度一般会計他特別会計の議決が求められ、異議なしで可決いたしました。
特別委員会終了後、議会運営委員会があり意見書の調整の結果について、追加議案として工事請負契約の締結2ヵ件について協議を致し、終了しました。

決算特別委員会も三日目になり本日は、産業常任委員会関係分の質疑がありました。
各会派の委員からの質疑では、企業誘致促進事業では本市の企業誘致の成果と課題について。
農地集積, 集約化対策事業では、担い手の受託可能面積の飽和状態と受け手の高齢化など解消への取り組み状況について。
グリーンツーリズム推進事業では、31年度に大崎市がみやぎグリーンツーリズム推進協議会へ再加入して、大崎地域のリーダーになるべきと考えるがどうか。
畜産総合対策推進事業では、酪農で畜産クラスターを目指す後継者への支援等について質疑がそれぞれ行われました。

平成29年度決算特別委員会も二日目に入り、民生常任委員会関係の質疑を。
「生活者困窮者自立支援事業」では、自立支援事業の取組として相談事業の中に困窮している人ほどSoSを発することが難しいと言われている。待っていただけでは早期の生活者困窮者を把握できない、その内、課題がより深刻になる前に問題解決をしなければならないが、その様な事への対応は図られているのか。
「小学校入学準備支援事業」では、該当者182 名へ7月初旬に親御さんに支払われているため、入学準備に要するお金なので、新年度早々に支払われるよう宮城県、各市町村共に協議をすべきだと質疑を。
「障害者相談員設置事業」では、相談員は無資格者でもいいが、相談支援専門員の確保を図るべきだと質疑をしました。
この相談支援専門員は、5日間の講習で取得するので積極的に専門員の確保を図るべきであります。
次は9月27日は建設常任委員会関係の質疑をします。

3連休でしたが金曜日, 土曜日の週末には雨のため、田んぼは泥濘んでいはいましたがコンバインでの稲刈りも始まりました。
この夏7月8月と酷暑と言え、ここ大崎耕土のササニシキ、ひとめぼれ、ささ結びなどは順調に成長し、食味の満点で豊作が楽しみです。
しかし、9月,10月の収穫時期を迎えていますが意地悪をしたかのように、秋雨前線、低気圧、台風と次から次とやって来ます。
今年の天気は、青空で澄み切った期間と雨の時期とはっきりしているような気がします。

昨夜から降り出した雨が午前11時頃には止み、青空がのぞいてはいましたが折角の土曜日、予定を立てていた皆さんは大変残念でした。
実りの秋ですが稲刈りは出来ずじまい、これまた残念。
幼稚園では楽しみにしていた運動会。明日に開催とのことで連絡を頂きました。
その様な中、来週には決算特別委員会で民生常任委員会関係と建設常任委員会関係の質疑をすることから精査を。

今日から、平成29年度決算特別委員会で審査が行われ、総務常任委員会関係の質疑を会派ごとにいしました。
なお、大崎市議会は7会派となっております。
歳入の根幹をなす市税については収入済み増額の要因、不能欠損、収入率の推移、都市計画税の収納状況など。
歳出については、おおさき移住地検索システム活用事業、おおさき移住支援センター運営事業、液状化ハザードマップの必要性について、地元学アプリの事業内容と成果・課題について、小中学校改修事業では様式トイレの向上策などについてそれぞれ質疑が行われました。
決算質疑は平成29年度で行った事業を検証し、成果について質し、次年度事業へ活かしてまいる年に一度の議会です。
9月25日には、民生常任委員会関係の質疑を私がします。

安倍晋三首相が夕方の記者会見で、西日本豪雨の対応に合わせ減災・防災対策の取り組み、北海道に宿泊補助、小中学校へのエアコン補助。外交ではアメリカを訪問し日米首脳会談、中国を訪問し日中首脳会談、北朝鮮の金正恩労働党委員長と拉致問題解決のため、向き合っていく決意を。
東京オリンピック、パラリンピックの成功。
憲法改正にも挑戦。国連総会後内閣改造、自民党役員人事も進めていくと述べ強い記者会見でした。国民のため揺るぎない経済を築いてほしいものです。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大崎市 山田和明
yamada-2525-tab@docmo.ne.jp