menu
バックナンバー 2018年 6月

今日は、蔵王連峰に列ねる白石市・不忘山の麓にあります東北池田記念墓地公園に父母を埋葬しております。今年が両親の七回忌にあたり法要を催事場で行いました。
朝から真夏のような青空が広がり、気温がグングン上がりましたが、墓地公園の芝生の手入れが行き届き、その芝生は緑をまし、とても清々しい気持ちが漂って来ました。
また、緑と青のコントラストが、真夏を思わせる何とも言えないロケーションが広がっていました。

本日の一般質問に4人の議員が登壇し、それぞれ執行部を質しました。
その後、追加議案が提出され市長から提案説明後、直ちに質疑が行われましたが、原案可決しました。
今定例会は6月14日から始まりましが、補正予算の質疑では農林系廃棄物の試験焼却について、デ-タを正確に伝え、市民への情報周知に徹底。一般質問では鹿島台公民館の建て替え、都市計画税の不均衡の是正などを執行部に質しました。議場での議論は市民生活に直結していることから、身の引き締まる思いでありますが、頑張って行きます。

なお、小田原雄一副市長が今日限りで、国土交通省に戻ることから挨拶があり、震災復興、9,11 関東・東北豪雨の手助け、まちづくり、空洞化対策にも取り組むことが出来。楽しいこと、辛いこともあり、その中で総合計画の説明会で参加者の皆さんから拍手をもらい、励ましの言葉をいただき大変感激。議会は議論をし、チェック機能を働かせてほしいと思いを伝えました。大崎市を第一の故郷とし頑張っていきますと語っておりました。

今週から始まった一般質問も三日目となり、私も四番目に登壇いたし大綱四点について伺いました。
大綱一点目は鹿島台公民館の建て替えについてどのような議論をし、どう方向性を出していくのか。
二点目は、ふるさとを元気にするため、農業政策の充実が求められおり、・がんばる農家支援として水田農業機械の取得経費の助成。・園芸栽培用ハウス及び附帯施設の事業補助とビニールの張り替えに要する経費補助。・色彩選別機の導入経費補助。・有機JAS県認証等に要する経費補助等をすべきと質しました。
次に新たに都市計画税の課税区域となったサンタウン地区への説明会を。また、出町地区の地域振興策についても。都市計画税の不均衡の是正については専門家の意見を聞くべきと質しました。
四点目は、古川福沼地区、稲葉地区の冠水地区の解消をすべきと質しました。

本日は、朝から梅雨空で蒸し暑くうっとりしい一日になりました。
市議会も一般質問に入り二日目ですが、7人の議員がそれぞれ登壇し質問いたしました。
内容は、子育て支援の充実と学校教育の環境整備、市民プールの利用料、予防接種無料化の拡大と助成、高齢ドライバーの免許証返納への取り組み、イノシシ対策、発達障害の支援策、中学生の受験などの項目で質しておりました。
いよいよ明日は私が午後1時30分頃から一般質問に登壇いたしますので宜しくお願いします。

本日から、一般質問が始まり6人の議員から様々な角度から質問を。質問項目は生活道の未舗装の舗装整備について、世界農業遺産を生かした地域の活性化と地域づくりについて、中学校の部活動の状況などについてそれぞれ質問を。
その中で、3人の新人議員が登壇しましたが、その内容は市民生活に密着した欠かせない事ばかりで堂々の質問を展開。
一般質問は一回目はまとめて質問し、再質問(二回目)からは一問一答方式で質問することで、先進事例を出しながら質問したり、細部にわたって詰めの質問が出来、幅が広がり有意義な質問が出来ます。
今定例会で一般質問に登壇する議員は24人ですが、最終日の6月29日まで行われます。

今、公明党は100万人訪問・調査活動を行っております。
子育てアンケート、介護サービスを利用している方のアンケート、介護サービスを利用していない方のアンケート、中小企業アンケート、防災・減災アンケート調査をしております。
その中で、・防災・減災に関するアンケートでは、災害時の道路、水道、電力、ガス等の利用可能の素早い周知との意見を頂きました。
・歩道の歩いていて、段差があったことでお年寄りの方が、転倒したがケガがなったが危なかった。(視力の弱い人は要注意)歩道整備を願う。
・障がい者の避難所対策
・空き家が目立つようになり、特に防犯上の事もあるので火災が心配である。また、大崎市では「土砂災害警戒区域」の指定場所が多数あるが早急な改修工事も必要であり、該当地区に居住されている地域の方々へ非常時の祭の避難等の指導をすべきである。
・一般家庭での防災会議(地震・火災)を座学として取り入れた訓練も必要であると意見がありました。なお、大阪北部地震前にアンケート調査を致しました。貴重なご意見本当に有難う御座いました。

本日は、姥ヶ沢行政区で敬老会があり伺ってきました。
この時期行われるのは、大崎市では一番早い開催だと思っています。
参加者46名の皆さんが元気に集い、賑やかで和気あいあいとした敬老会となりました。
区長さんからは、皆さんがこの様に元気で集われたことに、感謝を申し上げますと共にご健康で生活されますようお祈り申し上げますと挨拶がありました。
私からもお祝いの挨拶を。今、大崎市で取り組んでいることをお伝えさせていただきました。
その後、余興に移りカラオケ、踊り、役員の皆さんによる水戸黄門の寸劇を。大いに盛り上がり参加者から拍手喝采でやんやの大声援でした。

DSC_1949

DSC_1959

本日は、市役所庁舎建設調査特別委員会を開き、田尻総合支所庁舎建替事業、鳴子総合支所庁舎等複合施設建設、大崎市市役所庁舎建設整備について、それぞれ調査を行いました。
田尻総合支所庁舎建設事業の今後のスケジュールが示されました。
次に鳴子総合支所庁舎等複合施設建設に関わる計画地の概要、総合支所庁舎と公民館の複合施設とすることで、施設の維持管理経費の削減が見込まれることの説明を。複合施設の配置計画、規模、課題、計画についても説明を受けました。
大崎市役所本庁舎建設整備基本計画では、背景と目的、機能、建築計画、事業計画などについて説明を受けました。
私から次のことについて質疑を。建設コストの検討経緯として1平方メートル当たりの建設費は、社会情勢の変化も有ることから1平方メートルの建設費の単価はいくらになっているのかについで質しました。
終了後、今後の特別委員会の進め方について協議し、会派ごとに庁舎に関する課題を整理し取りまとめることにしました。次回の特別委員会では会派ごとにまとめ上げた課題を整理し、執行部に提案していくことに決定しました。

本日は、補正予算などの質疑に5人の議員が登壇。夜間急患センター特別会計補正予算、大崎市病院事業使用料及び手数料条例の一部改正する条例、有備館及び庭園保存整備事業。
また、放射能対策費 農林系廃棄物試験焼却事業についても、5人の議員からそれぞれ質疑を。質疑終了後、議案第75号から議案94号までを議決し、残る議案74号平成30年度大崎市一般会計補正予算に対し、1会派から放射性物質汚染廃棄物処理事業補助金、農林業系廃棄物試験焼却事業の予算を減ずる修正動議を提出。発議者から説明があり、説明後、発議者に2人の議員から質疑を。その後、反対討論、賛成討論を繰り広げました。
そして、表決となり修正動議は否決。原案可決となりました。
その後、平成30年度大崎市一般会計補正予算に対する付帯決議を提出。提出者から説明後、提出者に対し、質疑がされ表決となり付帯決議は可決されました。この3日間の質疑を通して感ずることは、これまでにない執行部の誠心誠意の答弁でありました。私も質疑をしましたが住民の不安の解消に努め、施設近傍の各行政区の住民懇談会では膝詰めの意見交換になりますように取り組んでください。

〔議会休憩中の一場面〕

本日も昨日と同じく、平成30年度大崎市一般会計補正予算他条例改正などについて、7人の議員それぞれ質疑を行いました。
今定例会での質疑者は19人、その19人全員が放射能対策費,農林業系廃棄物の試験焼却について質疑をしており、その中で本日の質疑では、農林系廃棄物の試験焼却に対する不安の払拭は拭い去れていないのではないかと質疑がありました。
部長,課長からは、これまでの住民説明会では正確な情報は伝え切れていなかったので、今後の説明会は施設周辺の各行政区単位で開催するのでじっくり意思を届けていきたい。モリタニングポストでの計測は正確なデータをホームページで伝えていきたい。焼却場、最終処分場の地区住民はどの様な情報が必要としているのかを踏まえていく。そして、第1クールから第6クールまで試験焼却の情報を過ちのないように伝え不安の払拭に努めていきたいと答弁を。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大崎市 山田和明
yamada-2525-tab@docmo.ne.jp