menu
バックナンバー 2017年 10月

今日で10月も最後ですが、全国的にも雨の日が多かったのではないでしょうか。東京では、15日間連続して降水量があったとニュースで伝えておりました。ちなみに大崎市では台風21号の被害個所の状況調査と事業費について今日で締め切りを。今後、被害の発生件数、被害の分類、被害額が確定し、財政理事と各部長ごとに予算折衝を経て。市長査定と続き。この11月の臨時議会になるか。また、12月定例会で被害個所を整備するための工事費として提出されるのか、まだ今のところ決定はしていません。
その様な中、鹿島台では防火水槽を囲むようにして杉の木が樹勢しておりましたが、暴風のため杉が根元からひっくり返るという事態になりました。そのため、杉の撤去費用、防火水槽の被害調査等の費用。これら間もなく明らかになるのではないでしょうか。

昨夜来の台風22号の影響で、西北西方向から風速10m以上の大風が。
朝から同じように大風が吹き荒れました。
朝一番に鶴田川沿岸土地改良区に出向き理事長に面談し、台風21号で被害があった品井沼遊水地で、コンバインの刈ったわらが圃場に堆積し、そのわらの撤去と保証組合の開催についての対応などについて協議をしてきました。
先日、建設常任委員会で行政視察した黒部市下水道バイオマスエネルギー利活用施設整備事業について報告書を作成し、議会事務局へメール送信を。
また、昨日行政区長さん初め役員の皆さんから相談をいただいた件について、鹿島台総合支所長、地域振興課長とも協議し、昨日も区長さん方からも意見がありましたが、地区の声を届けるため要望書を市長に提出することでまとまり、要望書の準備をいたしました。

先週の日曜日は台風21号の被害があったばかりで、また日曜日の台風来襲とは、秋は芋煮会、サツマイモ掘りなどの収穫祭と屋外での行事も目白押しなのに、この雨で中止になったのではないでしょうか。先の台風21号では、鹿島台地区の品井沼遊水地に凄い勢いで鶴田川から越水し、渕花前、内ノ浦、志田谷地などの圃場は水に浸かり、遊水地の圃場に、コンバインで刈り取られた「わら」が、流され堆積してしまう始末。その「わら」を集積しトラックで運び出しております。
倒れた稲も有り、そこに「わら」が堆積し収穫は大幅減少に。または皆無に近いのでは。そこで、農業共済の早い段階での取り計らいを望むものです。
今日の台風22号は、太平洋上, 関東沖を北上するように進み、関東地方では大雨、河川の増水、家屋の浸水などが心配されますが注意が必要です。台風の被害がないように。

DSC_1158

DSC_1139

本日は、「地域密着型ディサービス桂」並びに「有料老人ホーム桂」開所式があり、伺ってきました。
株式会社ベストサポート桂 代表取締役 伊藤政久様から、ベストサポート桂を立ち上げるため、御支援くださった皆様に御礼を申し上げておりました。また、福祉施設を立ち上げることは、今までと違い宮城県、保健所、大崎市とご協力を賜りこの様にオープンの運びとなりましたと。実感こもる挨拶をいただきました。
皆さんも、一度施設を見学してください。住所は鹿島台平渡字吹上16ー1

 

大迫地区でも行事がありました。「先人の思いを未来へ」
~大迫小学校の集い~
会場は、旧鹿島台第二小学校(体育館・校庭)でありましたので伺ってきました。
鹿島台まちづくり協議会の「安全で快適委員会」による寸劇を。内容は電話で孫になりすまし、お祖母さんが対応する設定ですが、案の定詐欺に引っかかる所でしたが事なきを得。改めて振り込み詐欺防止をするには、慌てず、まず孫に確認、周りの人に相談を。
校庭では鹿島台大迫地区で伝統文化として継承されております。「もんきつき」を披露。小学生も入り80kg の「もんき」を〈よう~いちょんだ〉と掛け声をかけながらロープを引っ張って、その「もんき」を打っていました。最後に集合写真に入り大変、和やかな集いとなりました。

DSC_1154

DSC_1147

建設常任委員会, 行政視察3日目。シティホールプラザ「アオーレ長岡」は長岡駅前中心市街地に市役所、アリーナ、屋根付き広場からなる市民協働と交流の拠点。都市機能の集積による中心市街地のまちづくりで、年間約190万人が訪れるまちに再生していました。J R 長岡駅大手口駅前広場整備事業では、◯東西自由通路の延伸◯ベデストリアンデッキの整備◯地下自転車駐車場の整備。

ながおか市民センターでは◯「市民との協働によるまちづくり」を行う実証実験の場◯国際交流センター、障害者プラザ、男女平等推進センター、ワークプラザなど。まちなかキャンパス長岡では◯市内3大学1高専と市が連携し企画運営する「生涯学習」と「交流」の拠点。子育ての駅ちびっ子広場では◯お母さん(現場)の声から生まれた子育ての駅。社会福祉センタートモシアでは◯高齢者や障害者の生活を支える福祉サービスの拠点。

また、町中居住としてマンションが年間100戸~200戸ほど建設され、2300万円~4000万円で販売され50歳代の方々が中心に購入するそうです。聞きますと長岡市長(平成18年合併し人口28万都市。現在は人口273,881人)が中心市街地まちづくり事業にかけるの熱い想いは日本海の地方都市の抱える人口減少は急激で。そして雪国特有の課題解決のために取り組んでおり、あの昭和の賑わいを取り戻すため地方都市の再生を目指し奮闘している心意気を感じてきました。

DSC_1130

朝から青空が広がり気持ちのいい一日になり、建設常任委員会の行政視察2日目。富山県黒部市ではPFI事業(黒部Eサ-ビス株式会社)でバイオマスエネルギー利活用施設でエコ発電の取り組を。発電する原料は、下水道の汚泥と隣町入善町で製品製造しているアサヒ飲料の使用済みコ-ヒ-粕及び食品残渣を混ぜてメタン発酵処理。発生したバイオガスを熱源に、処理後の汚泥を乾燥させて「燃料」「肥料」にリサイクル。更に「発電」も。このように民間の力を借りてバイオマスエネルギー発電を。市では、住宅用ディスポ-ザを設置される場合、その費用3万円を補助しています。やはり安定したバイオガスを発生させるためには、下水道汚泥はエネルギーが少ないため、食品残渣を活用しておりました。

DSC_1124

DSC_1115

大崎市でもパ-クゴルフ場を三本木地区に整備することから、建設常任委員会では行政視察を富山県射水市を訪れ、市営2ケ所のパ-クゴルフ場36ホ-ルの運営形態。料金体系、採算性についても調査。それぞれ開場日は4月1日から12月の第2週の日曜日まで。休場日は火曜日。また、民間パ-クゴルフ場の料金体系、スポーツ公園を兼ね備えた民間パ-クゴルフ場の現状についても研修を致しました。

 

DSC_1097

本日は、平成29年12月1日発行の市議会だより第52号の編集作業をいたしました。表紙写真の検討、一般質問の校正、平成28年度決算特別委員会の質疑及び答弁を会派ごとに校正。議会報告会・意見交換会では委員会毎に校正。全体的にレイアウト確認、また、写真の検討及び記事の作成をいたしました。
ところで、昨日は鹿島台船越地区で、台風21号の影響で鳴瀬川の水嵩が増し、堤防から漏水をしていた箇所を私から、東北地方整備局, 鹿島台出張所所長に連絡いたしました。その結果、早速、鹿島台出張所で輪中を築き上げ、手立てを講じて頂きました。
この個所は、堤防の側道が泥濘んでいたため、区長さんから相談を受けており、鳴瀬川が水嵩を増したため、改めて現地確認に出向きましたところ、漏水の箇所を確定いたしました。
この様に堤防からの漏水は、取り返しのつかないことになるため、早急な整備工事をしていただきたいし、現状より強固にしてもらいたい。

DSC_1094

第48回衆議院総選挙は22日、投開票されました。公明党は8小選挙区で激戦を突破。比例区では21議席を獲得しました。その中で比例東北ブロックでは現職2人を死守するため、献身的に御支援をいただきましたが、結果は1議席になりましたが、あらゆる支持者の皆様に、心から感謝申し上げ、本当に有難う御座いました。
ところで台風21号の影響で、ここ大崎市でも市道などの道路冠水、田畑の冠水、土砂崩れなどの被害が多くありました。ちなみに鹿島台では午前4時から午前10まで89mm の降水量で。姥ヶ沢行政区でも道路冠水はあったものの、家屋の浸水はゼロ。県道石巻・鹿島台・大衡線が走る大迫地区では道路冠水。その他にも市道の道路冠水が見られ。土砂崩れの報告も受けました。
午後1時からは大崎市議会臨時議会がありました。
大崎市三本木パークゴルフ場造成整備工事に関わる案件です。
大崎市三本木地域鹿野沢地内で、幼保一元化施設ひまわり園の南方向に位置し、宮城県が保健医療福祉中核施設と位置づけている箇所の一部をパークゴルフ場に造成工事するものです。議案説明後、質疑が展開されましたが議決しました。

DSC_1088

初めに軽減税率は、そもそも社会保障のために消費税が上がるとしても、
飲食料品はという生活者の率直な願いを受け、家計の負担や低所得者ほど負担が重くなる「逆進性」の緩和へ公明党が政党の中で唯一主張してきたものです。
幼児教育 無償化を0 ~5 歳児すべてで。
全ての就学前児童0~5歳児を対象とした幼児教育の無償化を2019 年までに実現をめざします。
私立高校授業料分, 支援金を支給へ。
公明党は国の就学支援金を拡充させ、年収590万円未満の世帯を対象に、19年までの私立高校授業料の実質無償化をめざします。現在約120万人いる私立高校生の約4割が対象になります。

高齢者への支援を充実させるため、低年金者への加算と「介護保険料の軽減対象拡大」の前倒し実施をめざします。
公明党はこれまで生活者のことを第1に捉え、政治は生活に直結しており、庶民の生活を守り抜く身近な公明党は、これからも地域のひとりひとりのために頑張ってまいりますので、「比例区公明党」を何卒よろしくお願い致します。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大崎市 山田和明
yamada-2525-tab@docmo.ne.jp