menu
バックナンバー 2017年 6月

私たち住んでいる宮城県は梅雨とはいえ、6月も最後なのに少雨の様相。西日本では、九州地方、四国地方、中国地方と昨年と同様の大雨。50年に1度の大雨が集中豪雨となって降り続いております。どうぞ安全第一に行動を取ってください。この雨は東日本に近付いており、引き続き要注意の空模様。
明日から7月ですが、大崎市議会では市政報告会・意見交換会を7月12日、13日、19日、20日、21日の5日間で25ヵ所で行います。今回のテーマは「公共交通について」と「防災・減災について」の2つです。各地域に出向きますのでよろしくお願いします。

本日が6月定例会最終日。一般質問を3人の議員で行い、その後、無料公衆無線LAN 環境の整備促進を求める意見書始め、3ヶ件をそれぞれ内閣総理大臣、総務大臣、国土交通大臣へ提出いたしました。
加計学園・森友学園疑惑の真相究明を求める意見書は、質疑後、反対討論、賛成討論を行い採決の結果賛成少数で意見書の提出は無効となりました。
次に追案の質疑が行われましたが、議決しました。
議会終了後、議員全員協議会が開かれました。案件は測量業務等に係る入札執行状況について。大崎市民病院看護師寄宿舎の利活用についてでありました。活発な質疑を行い、特に測量業務等に係る入札執行状況については、総務常任委員会で調査することで、議会で議決をいたしました。

本日一般質問3日目。発言順は7番目ラストに一般質問を。「地域包括ケアシステムの構築」については、住まい、医療、介護、介護予防、生活支援の5 つのサービスを一体的に利用出来るような取り組みなど。「吉田川流域の水害対策」は吉田川上流部に遊水地が整備されるが、大崎市としての後押しについてなど。「デジタル防災行政無線の継続事業」は保育園、幼稚園、小中学校への戸別受信機の設置など。「防犯灯の設置のあり方」については、格行政区への防犯灯の電気料金の補助基準見直しなどについて一般質問をいたしました。
市長から答弁をいただきましたが、その中で吉田川流域の水害対策は国土交通省などに強く申し入れをしていくと答弁がありました。保育園、幼稚園、小中学校への戸別受信機の設置については、早急に整備の方向で進めるということでした。防犯灯については新たにLED を整備していくと答弁があり、これからも議会活動は全力で頑張っていく所存です。

今日から一般質問が始まり6人の議員が市長及び執行部に質しておりました。今定例会の一般質問者は22名ですので4日間の日程で進められます。
私は19番目で、項目は地域包括ケアシステムの構築。吉田川流域の水害対策。デジタル防災行政無線の継続事業。防犯灯の設置のあり方の大綱4点についていたします。最終日の予定でしたが、議会終了後議員全員協議会の日程が入り今日の時点で3日目の28日7番目ラストに質問する予定です。

今日の演習は大崎市松山須摩屋、鳴瀬川右岸河川敷で本格的な出水時期に備え、大崎市消防団の体制強化及び団員の水防技術向上、更には水防に対する意識の高揚を図り、地域の防災・減災に繋げるものであります。
演習の想定。 午前0時10分 水防警報第1号発令(北上川下流河川事務所発表)鳴瀬川野田橋水位観測所での水位は、正午現在、水防団待機水位の4,00 メートルに達し、なお増水する見込みです。
午後3時20分水防警報第3号で三本木大橋下流右岸より木間塚大橋上流右岸まで水防警報の解除。
その間、鳴瀬川三本木大橋下流右岸より鳴瀬川木間塚大橋上流右岸まで水防団の出動準備を要請。
訓練内容は①シート張り工法(松山支団)

②月の輪工法 (松山支団)

③積み土のう工法(三本木支団)

④木流し工法 (鹿島台支団)
本日の水防団の演習は、大崎市消防団の練習の成果を遺憾なく発揮した水防演習となりました。常々皆様は市民の生命、財産を守るため誇りある消防団として取り組んでいることに敬意を表します。

DSC_0532DSC_0531DSC_0530

 

 

 

 

 

 

 

地元、姥ヶ沢行政区で敬老会があり伺ってきました。
今日の敬老会は大崎市で最も早く開催したものであります。会場姥ヶ沢集会場には50名の出席者が元気に集われ、その中で、御夫婦で出席されている方々も多くなって来ました。
第二部では艶やかな踊りの披露があり、昔ながらを思い出される雰囲気になりました。
また、往年の旅がさ道中の発表時は、盛り上がり最高潮、拍手喝采に包まれ賑やかな敬老会となりました。

東京都議会議員選挙が、きょう23日告示され、7月2日(日)の投票日をめざし混戦打開から抜け出る闘いがスタートしました。
公明党から23名の全員当選めざし都議会公明党の数々の実績と政策を有権者に訴えていくことが重要であるの山口代表は力説。日本の首都を舞台にした政治決戦は。❗選挙目当てのデマ宣伝活動やパフォーマンスに絶対惑わされず、❗都民のために汗をかいて一生懸命に働いてくれるのは、何処の政党なのか「東京改革 要公明党」は数々の実績をつくり、これまで現実的な政策を進め経験を兼ね備えた公明党の候補者であります。きょうから9日間が勝負。断じて全員当選を勝ち取ってまいりたい。「公明新聞より」

DSC_0520三本木新町地区にある三本木千貫森桜公園で土砂崩れが幾度となく発生していたことから、土砂崩れ防止の手立てを講じて来ましたが、抜本対策でなったため斜面に亀裂が入り、そこに雨水が入り、斜面が落ち被害が拡大している現状でした。

そのためご要望があり三本木総合支所、建設部担当にも相談をしておりました。平成29年度事業で測量設計の予算を計上しておりましたが、この度、千貫森桜公園の草を刈り払いし業者が測量したと連絡が入りました。この千貫森桜公園は大崎市が管理する土地でありますので、市民に迷惑にならないよう取り組んで行かなければならない。

午前10時から議会が始まり、平成29年度大崎市一般会計補正予算、大崎市国民保険税条例、大崎市過疎地域自立促進計画の変更等について、10人の議員から質疑がありました。
議会終了後、市民相談がありましたので、現場に出向きその対応をいたしました。

DSC_0516朝からあいにくの曇りがちの天気となりましたが、鹿島台駅西口広場で3回目となるフリーマーケットがありました。
朝6時~9時までの限られた時間でしたが、前回と同じく16コマ。珈琲、お菓子、生ジュース、お弁当、農産加工品、デリシャストマト、野菜くだもの、焼き鳥屋、お花屋さんとテントの中から威勢の良い声が飛び買っておりました。出店されました皆さん今日は如何だったでしょうか。次回7月16日のフリーマーケットは朝から晴天を期待し楽しみにしております。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大崎市 山田和明
yamada-2525-tab@docmo.ne.jp