menu
バックナンバー 2016年 10月

IMG_20161031_142503今日は、午前9時より市議会だより第48 号の編集作業を行い、9月定例会で一般質問した22名の原稿を編集作業を行いました。表紙の写真掲載の内容。ページ毎の写真掲載。議案審議。決算特別委員会。議会報告・意見交換会などの編集などを午後5時30 分まで行いました。
また、本日は市議会議員研修会を午後1時30分から3時まで開催し、富山県立大学工学部環境工学科 准教授 呉修一氏から「大崎市の水害について」1, 平成27年9月関東・東北豪雨、鳴瀬川水系渋井川(大崎市)の事例。2, 同じく関東・東北豪雨、利根川水系鬼怒川(茨城県総社市)の事例。3, 平成28年8月岩手豪雨、小本川(岩手県岩泉町)の事例。4, 昨今の豪雨災害で考えてほしいこと。 5, 今後大崎市でどのような取組が必要かなど研修をしました。
次に東北大学災害科学国際研究所・助教 引地泰人氏から住民自治組織の視点から。自助・共助による災害への取り組みについて研修を行いました。大雨特別警報。夜間の対応例。制度の限界。平日・夜間の豪雨災害。住民自治組織の視点から。大崎市のアンケート調査などについて勉強を致しました。

IMG_20161030_084112大崎市三本木地域の市有地であります三本木千貫森桜公園の南側急斜面の下。平成23年3月11日東日本大震災の影響で法面が崩れ、その9月には台風による大雨で、公園の法面に被害を受けていた箇所に雨水が入り、土砂崩れを起こし隣家に土砂が押し越せてきた。これまで応急対策は講じてきたがその場所を確認すると効果は出ていないことが分かった。相談は震災から5年6カ月以上経過する中で、市有地なので抜本対策を早急に講じてほしいとのことであります。雨が降るたび心配しているので、一日も早く解決を。早速、三本木総合支所長。建設部長。建設課長とも協議をいたし早い解決をしていきたい。

IMG_20161029_103708本日から明日まで大崎市鹿島台文化祭が鎌田記念館で開催しております。開会式後、舞台発表では鹿島台中学校(吹奏楽部)の演奏、鹿島台中学校(合唱)に続き。鹿島台商業高等学校生徒による(研究発表)がありました。展示発表では鹿島台歴史研究会による「小野寺ほうこく」が江戸時代後期のときに描いた絵画を展示しており興味深く拝見しました。鹿島台陶芸教室「ひまわり」による作品を展示紹介をしておりました。新たに認知症カフェも開設され、それぞれの介護施設、グループホーム、居宅支援センターなどで取り組まれている事を紹介し、明日は認知症に関する相談を受けることが出来ます。
合わせ、本日はまるごと産業まつりも開催しました。餅つきがあり私も杵を振るい餅つきをし。飛び入りで中学生徒も加わり出来上がった餅は振る舞い餅として、小豆餅として皆様に配られおいしくいただきました。寒かったので豚汁も美味かったです。

【問題行動調査の主な結果】
「いじめ認知件数」
小学校 15万1190 件 (12万 2734 件)
中学校 5万9422 件     (5 万 2971件)
高校 1万2654 件        (1 万 1404 件)

「不登校児童生徒数」
小学校 2万7581 人     (2 万 5864 人)
中学校 9万8428人      (9万 7033 人)

高校 4万9591人          (5万 3156 人)
「暴力行為発生件数」
小学校 1万7137 件      (1万 1472 件)
中学校 3 万3121 件    (3万 5683 件)

高校         6705 件          (7091 件 )

※ かっこ内は前年度

いじめ、過去最多で22万4540件で1985年度の調査開始以来最多となったことが10月27日文部科学省の問題行動調査で分かりました。ちなみに、不登校は17万人を超える事態。そして、見逃せない事実はいじめの認知件数に地域差が生じていること。文科省としていじめの具体例を示すなどの必要性があるのではないか。いじめは絶対許さないという日本風土を築き上げ、早速それらの徹底を図ってもらいたい。
いじめの早期発見、対応を学校などに義務付けたいいじめ防止対策推進法の施行から3年が過ぎており、その効果を是非とも上げて行かなければならない。

IMG_20161027_092724本日三日目、建設常任委員会で京都府福知山市の平成25年,26年8月の豪雨災害復興状況について勉強してきました。1,福知山市の水害経験と被災状況について。2,過去の災害経験。3,福知山市の避難情報の発表基準と周知方法。4,水害時の情報提供体制,収集手段について。その中で市の被災者支援は市民対応にたけた特別対策チームを編成し、体制としては職員は一本釣りで集め被災の状況に応じてニーズを把握し速やかに行う。 平成27年度、2 8年度で土のうステーションとして土のうを30袋程度を保管し内水氾濫のあった地域の都市公園、児童公園に設置した。管理は今年度から土のうプロジェクト体制を編成し33箇所を管理する。内水対策として各排水機場の増強工事を着手し、平成26年8月豪雨と同程度の降雨が発生した場合、床上浸水を概ね解消を出来る施設整備を進めていく。この様に国、府、 福知山市と水害対策を進め、災害のないまちづくりを目指していただきたいと強く感じました。

建設常任委員会。二日目は滋賀県彦根市の市街地再開発の取り組みを視察をいたしました。
彦根市本町土地区画整理事業は,景観及び四番長スクエアをこれまでの取り組んできた。内容は〔回遊性で楽しい街なか再生〕で活性化を図りその目標は、「美しいまちづくり」を掲げ。1,中心性の創出 2,歴史景観や生活文化を生かしたまちづくり 3,賑わいのネットワ-ク4,新たな魅力の核づくりを中心市街地の活性化の目玉政策にしていた。それらの四番町スクエアのまちづくりの現状は、中心市街地にあって空洞化した商店街の典型。老朽木造建築物が多く、防災上の問題。これらの問題を抱えており、そのため若手による区画整理事業の勉強会を早くから立ち上げていた。この様にまちづくりは長い期間かかり、つぎのステージに繋がる目玉政策として新しい歴史景観を創り出すことは、街の活性化はもとより、地方の魅力をいかに引き出しそれを、住民が歓び。また訪れた人に満足感を。とのコンセプトに我々議員にとって勉強になり、有意義な時間を過ごしました。

IMG_20161025_150121本日は、愛知県小牧市で新庁舎建設に至った経過について、建設常任委員会で視察研修を行いました。新庁舎の基本コンセプトは「人と環境にやさしい親しまれる庁舎」・あらゆる市民及び働く職員にとって利用しやすい、安全・安心で「人にやさしい」庁舎とする。・省資源・省エネルギー、自然との共生に配慮した「環境にやさしい」庁舎とする。・市民に取って気軽に利用できる、市民自治の拠点となる「親しまれる」庁舎とする。・小牧市の歴史、自然や環境と調和した「親しまれる」庁舎とする。内容で研修しました。また、庁舎に組み込んだ防災拠点としての機能について。既存庁舎と新庁舎の機能分担についで。庁舎で使用するエネルギーの配慮した事項について。庁舎建設計画により、まちの賑わいなど留意したことについて。勉強することが出来ました。ご教示有難う御座いました。

ちなみに、財源内訳。国財源は72,760,000円。基金は4,879,000,000円。 一般財源は139,067,350円で。計では5,090,827,350円。 用地購入費は368,438,400円。備品購入費150,015,099円です。平成21年度実施設計。平成22年7月工事着手。平成24年7月竣工。平成25年度旧本庁舎解体等工事設計。平成26年度旧本庁舎解体等工事。

 

IMG_20161024_111147これまで、長尾地区では降雨時に道路冠水する箇所があるため、人の往来と車の通行が出来ない状況が度々起き、それも長いあいだ続いているとのことでありました。その様なことから住民の方から問題解決のため対策を講じてほしいとの相談を受け、早速、松山総合支所長、地域振興課長、課長補佐とも問題解決のため協議を重ねてまいりました。
また、建設部長, 建設課長とも同時に協議をして参りました。今回の工事は平成28年度 「市道, 竹の花堂ヶ崎茶釜台線」の三箇所で降雨時の道路冠水対策として道路盤を上げ舗装修繕工事をするものです。工事は11月から始まりすので、もう少しお待ちください。残りの市道については平成29年度事業として道路冠水対策工事を継続して、今後とも長尾地区の道路冠水対策を進めてまいります。

IMG_20161023_121633IMG_20161023_114155待望久しかった鹿島台駅東西広場が完成し、今日はグランドオープンの運びとなり多くの市民の皆さまが集まり賑やかに開催しました。オープンニングセレモニーでは「鹿島台太鼓鹿翔会」による勇壮な太鼓演奏を。そして、雀踊りの披露。開会の挨拶では高橋亨鹿島台駅グランドオープン実行委員長がこれまで、まちづくり委員会が携わった事について経過を述べました。鹿島台駅周辺整備事業は大崎市合併10周年に相応しい事業となり、鹿島台駅開業124年目を迎え大きな節目になり、これからは新たに100年目を目指し勇躍, 船出をしていきたいと思います。
また、今日は深谷行政区, 門間技建工業 門間正勝社長から”収穫祭”に招かれました。春に2, 000 カブを植え付けしたサツマイモを収穫。それにしても餅巻きは圧巻でした。昼食時には豚汁, スペアリブ, 焼き鳥, おにぎり,焼きガキなどをたくさん頂きました。門間社長に聞きますと今年で18年目を迎えたということでありますが。なかなかサツマイモづくりは難しいとも語っておりました。地域の皆様を初めたくさんの皆さまが見え、私からも挨拶の機会をいただきました。
登米市からは、「植正一家 初代植正まさとし」踊りと唄と笑いのチンドンショーがありました。股旅、演歌マドロス, コミック舞踊など、つい見とれてしまいます。笑いの連続の場面ありで最後まで見入ってしまいました。門間社長本日は大変に有り難う御座いました。

IMG_20161022_092002鹿島台中学校で「鹿中祭」を学校行事として全力で挑戦し、今日を迎えました。テーマを〈Ha p p y S m i Ie S t o r y ~316人の笑顔の物語~〉として316人が一丸となって、一人一人の最高の笑顔を届けられたと思いました。午前8時30分開会行事。8時40分からは英語弁論発表, 見事なもので、鹿中生から「希望」を見ることが出来これを継承してもらいたい。1学年による「劇」鎌田三之助&鹿島台音頭。三之助の幼少期での体験。成長を綴りながら政治家として本領。三之助役が何人も出演し、いろいろ工夫したセリフがよかったです。また、鹿島台音頭を体育館狭しと、踊っていただき感激しました。2学年では、学年での演劇と未来予想図。それぞれの生徒の「夢実現」のため、職場体験を活かしながら将来つきたい仕事を予想する内容で面白かったです。3学年は各クラス毎の発表会となり、個性があり楽しませていただき、本当に有り難う御座いました。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大崎市 山田和明
yamada-2525-tab@docmo.ne.jp