menu

発達障がいは、見た目には分かりにくいが、他人とのコミュニケーションが苦手といった特性がある。周囲の理解が不十分なために日常生活で困ることが多く、「社会的障壁」を取り除く必要があるとした。
教育面では、発達障がいがある子どもが他の子どもと一緒に教育を受けられるように配慮。学校側が目標や取り組みを定めた個別の計画を作成し、いじめ防止対策や、福祉機関との連携も進めるとしました。
就労面では、国や都道府県が働く機会の確保に加え、職場への定着を支援するよう規定。事業主に対し、働く人の能力を適切に評価し、特性に応じた雇用管理をするよう求めた。
このほか①刑事事件などの取り調べや裁判で不利にならないように、意思疎通の手段の確保②都道府県や政令都市に関係機関による協議会設置を盛り込んだ。内容となりましたが学校での一人一人の特性に応じて計画づくりをしてほしい。また、教育と就労の支援充実が求められので対応していただきたい。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大崎市 山田和明
yamada-2525-tab@docmo.ne.jp