バックナンバー 2007年 3月

島田まりさんら シェルター運営者と懇談 党大阪府本部女性委員会

全国女性シェルターネット近畿ブロックからDV被害者支援の実情を聞く島田まりさん(右から1人目)ら

公明党大阪府本部女性委員会は5日、府庁内でDV(ドメスティック・バイオレンス=配偶者などからの暴力)防止法改正に向け、全国女性シェルターネット近畿ブロック(井阪玲子代表)からDV被害者支援の実情を聞いた。

 これには山本かなえ参院議員(参院選予定候補=比例区)、ながた公子党府女性委員長、三浦とし子の両府議(いずれも府議選予定候補)、島田まり党府女性局次長(大阪市議選予定候補)が出席した。

 山本さんらは、同団体からDV被害の事例報告を受けた上で、同団体に所属する各グループがボランティアで運営しているシェルター(緊急避難所)の実情について聴取。同団体から光熱費、家賃の支援などについて要請を受けた。

 山本さんらは、「被害者支援を官民協働でしっかりと取り組めるようにしたい」と述べ、「現行法に基づく制度運用がうまくいっているかどうか実態をしっかり精査した上で法改正も含め検討していく」と答えた。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大阪市 島田まり
m_shimada@oct.zaq.ne.jp