バックナンバー 2006年 10月

大阪医療センター

育児支援など取り組み視察

浜四津代行、白浜氏らと共に

 

公明党厚生労働部会(古屋範子部会長=衆院議員)は30日、大阪市中央区にある国立病院機構・大阪医療センターを訪れ、同センターが取り組む女性医師が働きやすい職場づくりについて意見交換し、院内保育園などを視察した。これには、公明党から浜四津敏子代表代行、白浜一良幹事長代理(参院選予定候補=大阪選挙区)、古屋部会長、浮島智子参院議員、長田公子、三浦寿子の両府議、小玉隆子大阪市議、池原喜代子堺市議、島田まり府女性局次長が参加した。一行はまず、山崎麻美統括診療部長らから、同センターが取り組んでいる「女性医師勤務環境改善プロジェクト」について説明を受けた。

 この中で同部長は、「妊娠や出産によって20代、30代の女性医師の離職率が高いことが、全国的な医師不足の一因になっている」と指摘。その上で、同センターが取り組むプロジェクトの柱として、「就労形態の柔軟化」「再就職支援研修コースの設定」「育児支援の取り組み」「病院施設の環境改善」について紹介した。

 この後、浜四津代表代行らは、女性医師の代表らと懇談。変則勤務や専門職のパート勤務の活用、院内保育園の様子、院内売店の充実や当直室の整備などについて、意見交換を行うとともに、病院側から院内保育園の24時間体制への移行について、国の経済的支援を求める要望を受けた。

 視察後、浜四津代表代行らは、「女性医師が働きやすい職場は、すべての医療従事者が働きやすい環境づくりに直結し、患者にとっても医療サービスの向上につながる。今回の視察調査をこれからの公明党の政策、与党協議に生かしていきたい」と語った。

 

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
大阪市 島田まり
m_shimada@oct.zaq.ne.jp