10月21日、大阪府議会・商工労働常任委員会にて、知事に対し、「若者の就業意識の改革について」質問を行いました。
「しんどい仕事」・「つらい仕事」を避けようとする若者の就業意識の改革の為には、学生段階からのキャリア教育や、インターンシップなどの取り組みが大切ではないか?との質問をいたしました。
 知事からは、教育委員会との連携のもと、ものづくりの現場を実体験できる機会などを拡大し、若者の意識改革に取り組むとの答弁でした。
 すぐではなくとも、建設業、飲食・サービス業、介護など、人材確保に苦労している業界においても、若者の意識改革で、「若者雇用のミスマッチ解消」になるのではと考えます。
これからも、大阪の活性化の為、若者雇用改善に取り組んで参ります!!

10月14日、商工労働常任委員会にて、下記の内容で、質問を行いました。
① 若者雇用のミスマッチ解消について
② 小規模事業経営支援事業について
③ 商店街をはじめとした地域商業の振興について
今後とも、さらに議論を深め、大阪の成長に全力で取り組んで参ります!

 平成26年8月25日、東大阪市庁舎にて、市長をはじめとする東大阪市理事者の皆様17名と石川参議院議員をはじめとする府議会議員•公明党東大阪市議団の計15名とで、「国及び大阪府に対する主な要望事項」として、意見交換会を開催致しました。
 昨年に引き続き、第2回目となる意見交換会で、2時間に渡り、大変有意義な意見交換が出来ました。
主な要望事項は、
①2019ラグビーワールドカップ花園誘致
②東大阪市モノづくり企業支援
③東大阪市新都心と大阪モノレール南進及び、交通体系整備
④土砂災害対策•密集市街地対策並びに、治水対策
⑤子ども医療費助成制度の拡充
等々、何れも東大阪市の未来の為に、大切な政策ばかりです。
いただいた要望をしっかり受け止めて、公明党のネットワークを最大限に活用し、「楽しい元気な東大阪市」目指し、早期実現に向け、全力で取り組んで参ります‼︎

3月5日、2月定例府議会にて、下記の内容にて、一般質問を行いました。

1.建設人材不足対策
2.山地災害対策
3.帰宅困難者対策
4.モノレールの延伸
5.2019年ラグビーワールドカップの大阪開催について

今後共、大阪の成長と安心・安全の為に、全力で府政に取り組んで参ります!

 6月26日、横浜市にある千代田化工建設㈱・子安リサーチパーク内にある、「SPERA HYDROGEN」デモプラントを視察して参りました。
「SPERA水素」とは、千代田化工建設㈱が開発した、液体化して常温・常圧で運べる水素の液体の名前。今まで困難だった長距離輸送や長期保存も可能になった安全性と安定性の高いナノテクテクノロジー技術です。最近、「エネルギーの世界地図が変わるかもしれない」と期待されています。
 一般的に、水素だけを燃料として使うと、水しか排出されない「究極にクリーンな燃料」と評されています。しかしながら、水素は常温常圧で気体であり、体積が膨大なことから、大量貯蔵に問題があります。
 そこで、近年、千代田化工建設㈱は、ガソリンの成分であるトルエンに結合させて500分の1の体積にして運んだ水素を、簡単に取り出せる長寿命の触媒を開発しました。
その循環が、「SPERA HYDROGEN」プロセスです。
 この技術により、遠方にあるコンビナートなどで副産物として出ている水素や、天然ガスや石炭から製造されている水素また、風力発電や水力発電の電力を使って水を電気分解して得られる水素などを、供給地から消費地へ安全かつ安定的に、しかも今後コスト低減をも可能にするシステムだと期待されております。
 2015年、水素燃料電池自動車が発売されます。近い将来、水素専焼火力発電所も検討されております。脱原発依存・CO2削減・安定したコスト等の課題解決策としても、水素が中心のエネルギー社会を実現する中で、「SPERA HYDROGEN」に大いに期待しているところです。
今後も、大阪のエネルギー問題解決に積極的に取り組んでまいります。

 6月18日、大阪市内にて、関西大学名誉教授・大西正曹氏を迎え、公明党大阪府議会議員団にて、中小企業対策研修会を開催いたしました。
 30年間、中小企業の現場を歩いて、直接調査されてきた「まいど教授」の素晴らしい生の声を聴き、大阪の産業再生に対する、様々なヒントを頂きました。しっかりと、政策実現に向け、全力で取り組んでまいります!!

 3月17日、公明新聞に下記の内容で掲載をしていただきました。

 3月5日、府議会2月定例本会議における、一般質問で、帰宅困難者対策について、質疑質問を行い、「国、地方公共団体、民間事業者等の間で協議・検討する場を、26年度の早い時期に立ち上げ、それぞれの役割に基づいた取組内容を明確化したガイドラインを作成し、対策の推進を図っていきたい。」とした上で、そのガイドラインについては、「秋ごろの作成をめざしたい」との大阪府の回答を得ました。
今後共、防災・減災対策に、全力で取り組んで参ります!!

3月10日、2月定例府議会・商工労働常任委員会にて、下記の質問を行いました。引き続き、閉会日まで、しっかりと議論して参ります。

1.女性の就労機会拡大プロジェクトについて
2.精神障がい者の雇用促進について
3.(大阪)しごとフィールドの企業支援について
4.中小企業の事業継続計画(BCP)について

2月8日(土)、東大阪市内の「クリエイションコア・東大阪」にて、「実感の持てる景気回復を実現!」と題し、東大阪総支部党員研修会として、「東大阪政経セミナー」を開催いたしました。
 来賓に、野田市長を迎え、石川参議院議員より、国会報告を行っていただきました。
市議会報告の後、私も、府議会報告をさせていただきました。
450名の方々に参加していただき、まずは、3月1日の公明新聞・有権者比1%の達成めざし、そして11月17日の結党50周年めざし、出発の会合となりました。
国・府・市のネットワーク力をさらに強め、「安心・安全・元気な東大阪」の為、これからも全力で働いてまいります!!

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党○○支部 山下浩昭
yamasita3614@yahoo.co.jp