10月21日、大阪府議会・商工労働常任委員会にて、知事に対し、「若者の就業意識の改革について」質問を行いました。
「しんどい仕事」・「つらい仕事」を避けようとする若者の就業意識の改革の為には、学生段階からのキャリア教育や、インターンシップなどの取り組みが大切ではないか?との質問をいたしました。
 知事からは、教育委員会との連携のもと、ものづくりの現場を実体験できる機会などを拡大し、若者の意識改革に取り組むとの答弁でした。
 すぐではなくとも、建設業、飲食・サービス業、介護など、人材確保に苦労している業界においても、若者の意識改革で、「若者雇用のミスマッチ解消」になるのではと考えます。
これからも、大阪の活性化の為、若者雇用改善に取り組んで参ります!!

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
公明党○○支部 山下浩昭
yamasita3614@yahoo.co.jp