menu

本日24日付け公明新聞の7面に、区立小中学校・義務教育学校の体育館のエアコン設置に、品川区単独の補正予算が組まれ成立したことが掲載されました❗️
公明党は平成19年から設置を繰り返し求めて来ました。
特に今年の夏は、異常な暑さが続きました。来年の夏に向けての対策が必要です。
また、9月に行われた区長選においての区長公約に「学校体育館のエアコン設置」が掲げられ、この度の補正予算成立となりました。
公明党が、提案し続けてきた成果です。
来年の夏に向けて、順次設置されていきます。
全校設置には、少し時間がかかりますが、早期設置を進めていきます。

img_4276.jpg

今朝は、平成30年度品川区三消防団合同点検に参加しています。

日頃、消防団の皆さまは、お仕事を持ちながら地域の安全・安心のために活動されています。感謝申し上げます。

今日は、ブロック塀倒壊現場での救出活動など日頃の成果を披露して頂いています。

また、入団促進広報活動では、新しく入団された方々の、入団動機や活動しての感想を話してくれました。
学校の先生を退職された後に入団された方、学生の若い男性は、祖母様やお父様も消防団で、その姿を見て入団されたとのことです。

いずれの方々も、地域のために活動されている姿に、ありがたく思います。

しかし、火災や災害が起こらないことが一番ですし、日頃からの一人ひとりの注意や災害への準備も必要です。

今日は、ありがとうございました。

img_3685.jpg

おはようございます。
久しぶりにブログに投稿致します。

本日(9/17)付けに、高齢者の住宅支援の記事が掲載されました。

私は、これまで高齢者から、住宅に関するご相談を多く受けて来ました。

一緒に物件を探しますが、その都度、高齢者の入居はお断りです、保証人が近い方が条件など、また、借りる側も保証人や緊急連絡先が立てられないなど、様々な困難がある事を痛感してきました。

議会の中で、この現状を質問に取り上げて、高齢者の住宅支援を求めてきました。

その結果、本年8月1日から品川区の高齢者住宅支援が拡充され、新たな事業が始まりました。

まず、この住宅支援の周知を進め、多くの高齢者にご利用いただきたいと思います。

今後は、ご利用者のお声を伺いながら、この事業に足りない部分は、さらに提案してまいります。

img_3094.jpg

今晩は。

今日は、会派の代表で奈良市の「放課後児童健全育成事業施設昼食提供事業」を視察致しました。

奈良市では、放課後児童クラブをバンビーホームといいます。ここに通ってくる児童や生徒に昼食を提供することが、この夏休みから始まりました。

品川区は、放課後子ども教室・放課後児童クラブを一体的に運営する「全児童放課後等対策事業」として、「すまいるスクール」があります。

私のところにも、夏休みのすまいるスクールに給食を出して欲しいとのお声を頂いてたことから、奈良市をぜひ参考にしたいと視察しました。

共働きのご家庭が多く、お子さんのお弁当を作ることを負担に感じる方がいらっしゃいます。

子どものお弁当はご家庭が作るべきでは、とのお声もありますが、保護者のゆとりが豊かな子育てにつながるとの考えから、バンビーホームでは、昼食の提供が基本となり、アレルギーや特別な理由がある人は、お弁当持参としています。

料金は、350円。給食費が246円であることから、市が100円を補助しており、減免もあります。

市内43小学校の全ての敷地内に、バンビーホームがあり、約3900人が利用登録しています。

特に仕出し業者の選定に、大変に困難があったと伺いました。
この事業は、市の担当課、保護者、バンビーホームの職員、業者それぞれの理解、協力のもとで成り立っています。

今日は、伏見南のバンビーホームに行き、子どもたちと一緒に仕出しのお弁当を350円で食べさせていただきました。

学校給食法沿って栄養面もしっかりとしており、大人でも充分な量と質だと思います。

食べ盛りの男の子は、「足りひん!」と言っていましが、業者にもお願いし、ご飯の量は少し増えたそうです。

品川区でも、このような取り組みができるよう会派として、進めてまいります。

今日は、朝から公明党東京都本部主催の研修会に参加しました。
公明党本部入口ロビーでは、コメ助がお出迎えをしてくれました。
午前中は、「若者の性の現状とこれからの性教育」について、NPO法人ピルコンの方々から、お話しを伺いました。
正しい知識をしっかり学ぶ事の必要性が高まっています。
この法人は、中学生から大学生、また、保護者やPTAに向けて、研修を行っています。
文科省から発信されている指針ではなく、先行している自治体もある事も伺いました。
品川区でも、課題として取り上げていきたいと思います。
午後は、竹谷とし子参議院議員、高木美智代厚労副大臣(衆議院議員)を講師として、
①働き方改革について
②受動喫煙について
③I R・統合型リゾート整備法について
④教育費無償化について
⑤児童虐待について
⑥食品ロス削減議員立法について
⑦参議院6増について
⑧再生可能エネルギーについて
⑨中小企業事業継承について
多岐に渡っての研修でした‼️

午後は、パートナーシップ制度を全国に広げよう!〜夏の陣成果報告会〜
自治体にパートナーシップ制度を求める会の報告会に公明党の女性議員4名で参加しました。
6月までの第ニ回定例会において、全国の29自治体に、パートナーシップ公的認証制度やLGBT差別解消に関しての請願・陳情が提出され、秋の第三回定例会には、今の時点で24自治体に提出が予定されています。
自治体に請願・陳情が出されたことで、理解が広がりつつあります。
報告会では、パートナーシップ制度ができたことで、親から同性愛を認めてもらえるようになったことや、各自治体での制度が確立されることが、非常に大事であるとの報告がありました。
どんな人でも平等の社会、誰一人も置き去りにしない社会を目指さなくてはいけません。
今日は、多くの当時者のお話を伺わせて頂きました。
#LGBT #パートナーシップ制度 #夏の陣

昨日から、品川区議会公明党の団体懇談会が始まりました。
毎年、この時期に新年度の予算要望を各種団体から承ります。
本年は、34団体に暑い中お越し頂く予定です。
1週間に渡り、朝から夕方まで委員会室にて、ご意見やご要望をお聞かせ頂き、品川区への予算要望に反映していきます。
皆さまのお声を、しっかり形にできるよう、品川区議会公明党8人の議員で取り組んで参ります。

暑さの厳しい連休でしたが、品川区内では、区民まつりが行われました。
私の地元の八潮も、八潮地域外からも多くの人が来て賑わっていました。
写真をアップしましたが、八潮地域防災協議会のブースでは、防災グッズの展示品の中に、液体ミルクがありました。
平成30年7月豪雨災害では、西日本地域に大きな被害が出て、未だ多くの避難生活をされている方がいます。
東京都の小池都知事は、岡山県倉敷市からの要請を受け、乳児用液体ミルク2000個を調達し、送ることを表明しました。
液体ミルクは、水で溶く必要もなく、常温で長期保存可能です。災害時の利便性が注目さるていますが、まだ、日本では販売されていません。
そのため、2018年6月東京都は、流通大手のイオンと協定を結び、災害発生時に都がイオンに液体ミルクを要請し、同社が欧州のメーカーから緊急輸入し、被災者に届けられる仕組みとなっています。
この度の豪雨災害で、初めてこの協定が生かされることとなりました。
このような液体ミルクを、八潮防災協議会のブースで紹介して頂きありがとうございます。
まだまだ、液体ミルクの存在を知らない人が多いのが現状です。
私は、この液体ミルクの必要性を感じている一人です。
議会でも質問に取り上げていますが、さらに推進してまいります。
#液体ミルク #八潮 #新妻さえ子

今晩は。
まだ、日差しの強い16時から、大井町イトーヨーカ堂様前におきまして、7月豪雨被災者救援の会の方々と募金活動を行わせていただきました。
お亡くなりなられた方が200人を超え、27人の行方不明の方々、6000人に近い方々が避難生活をされている大災害です。
私たちにもできる支援をとの思いで、行いましたが、炎天下にも関わらず、多くの方が足を止め、真心のご支援をしてくださいました。
大変にありがとうございます。
お預かりした募金は、全額日本赤十字社に寄託され被災者にお届け致します。

酷暑となった連休初日、今日から品川区民まつりが始まりました。
八潮多目的広場での、夏まつりでは、「しながわ2020スポーツ大使」の、オリンピアン・伊藤華英さん(元競泳選手)が挨拶し、まつりを盛り上げてくれました。
大井第一地区は、桜新道通りで開催されました。
ここでは、民謡歌手・大塚文雄さんの歌声に合わせて盆踊りが賑わっていました。
それぞれ、支援者の方や地域の多くの方々にお声をかけていただきました。
朝から異常な暑さの中で、準備に取り掛かってくださった皆さま、本当にありがとうございます。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
品川区 新妻佐江子