menu

achievement_h1

命を守る防災対策 強力に

避難所の体育館にエアコン設置

補正予算が成立 公明の訴え実現

achievements_img_1

子どもを熱中症から守り、災害時の避難所となる学校体育館で安心・快適に過ごせるよう、来年度にエアコン(冷暖房)を設置することが決まりました。

真夏に起きた震災で避難所の体育館にエアコンがなく、猛暑に苦しむ被災者の声を基に、区議会公明党が他党に先駆け、2007年から議会質問や区長への要望で繰り返し訴えていたものです。

そして、全区立小・中学校と義務教育学校の体育館への設置が実現しました。

都の財政支援もリード

設置費には、東京都からの財政支援が見込まれています。9月定例会での伊藤こういち都議の代表質問に続き、10月に都議会公明党が他党に先駆けて小池都知事に直接、独自の補助を求めていました。これに対し、小池知事は「2019年夏に間に合うよう、急いでできるようにしたい」と応じていました。


ブロック塀の倒壊 繰り返さない

撤去費用の全額助成が決定

achievements_img_22018年6月の大阪府北部地震で小学校のブロック塀が倒れ女児が死亡した事故を受け、区議会公明党は直ちに、区長にブロック塀の倒壊防止策を求める緊急要望書を提出しました。

「再発防止を」との要望を受けた区は、通学路の安全性を調査し、ブロック塀の撤去費を全額助成することや、軽量フェンスへの設置費も助成することを決めました。



コミュニティバスを導入へ

お出かけしやすく便利な品川に

achievements_img_4高齢社会の進展から、品川区でも交通の利便性向上が望まれています。
そこで、区議会公明党はその手段として、従来から「コミュニティバスの導入」を定例会などで訴え、2014年には地域交通検討会が設置されました。
さらに2018年第3回定例会では、コミュニティバス導入への具体的な決定を求めたのに対し、区長が運行ルートや事業の採算性について来年度より検討を開始すると答えました。


インフルエンザ予防接種の費用を助成

幼児から小・中学生まで

achievements_img_3秋から冬に猛威を振るうインフルエンザ。発症や重症化の防止に有効な予防接種は、品川区では高齢者以外に接種費用を助成していませんでした。
インフルエンザによる幼児の重症化や小・中学校での学級閉鎖を防ぐため、区議会公明党は幼児や小・中学生への予防接種の費用助成を区長に要望。区長は、検討を進めると答え、実現の運びとなっています。今後、高齢者の助成拡充も進めていきます。


新妻さえ子 実績集

東大井·南大井·勝島地域

  • 立会川西商店街自転車の事故抑制対策
  • 花海道、新浜川公園側入口歩道整備
  • マンションアイビハイツ前の電柱移動
  • 鮫浜公園灰皿撤去
  • 立会小学校壁に海抜表示板の設置
  • 区民公園暑さ対策と自転車レンタル場に利用案内版設置

    (今後多言語化予定)
  • 木の芽坂途中に車侵入の注意喚起看板設置
  • 立会川駅駐輪場のハトのフン害解消

八潮地域

  • 中央海浜公園のドッグランを移設し設置
  • しおじ公園の改修促進
  • わかくさ荘2階から1階への手すり設置
  • わかば幼稚園脇道の歩道確保の対策
  • 中通り、明晴学園前バス停の段差解消
  • 八潮内歩道拡張工事でスピード抑制対策推進とバス停にイスの設置
  • 4ヶ所の水溜りを解消(京浜運河の緑道、品川総合福祉センター下駐車場前、京浜運河の護岸、八潮消防署前バス停

その他の実績

  • 禁煙外来助成
  • 高齢者の引越し支援として「あんしん居住サポート」事業の実現
  • 婚活事業を中小企業向けの共済会から区の事業に転換「しながわ発見出会い」事業を実現
  • 品川区版オリジナル婚姻届・出生届の実現
Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
品川区 新妻佐江子
s.niizuma@shinagawa-komei.org