menu

暑さの厳しい連休でしたが、品川区内では、区民まつりが行われました。
私の地元の八潮も、八潮地域外からも多くの人が来て賑わっていました。
写真をアップしましたが、八潮地域防災協議会のブースでは、防災グッズの展示品の中に、液体ミルクがありました。
平成30年7月豪雨災害では、西日本地域に大きな被害が出て、未だ多くの避難生活をされている方がいます。
東京都の小池都知事は、岡山県倉敷市からの要請を受け、乳児用液体ミルク2000個を調達し、送ることを表明しました。
液体ミルクは、水で溶く必要もなく、常温で長期保存可能です。災害時の利便性が注目さるていますが、まだ、日本では販売されていません。
そのため、2018年6月東京都は、流通大手のイオンと協定を結び、災害発生時に都がイオンに液体ミルクを要請し、同社が欧州のメーカーから緊急輸入し、被災者に届けられる仕組みとなっています。
この度の豪雨災害で、初めてこの協定が生かされることとなりました。
このような液体ミルクを、八潮防災協議会のブースで紹介して頂きありがとうございます。
まだまだ、液体ミルクの存在を知らない人が多いのが現状です。
私は、この液体ミルクの必要性を感じている一人です。
議会でも質問に取り上げていますが、さらに推進してまいります。
#液体ミルク #八潮 #新妻さえ子

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
品川区 新妻佐江子
s.niizuma@shinagawa-komei.org