menu

品川区は、東京2020オリンピック・パラリンピックのPRにオリジナルキャラクターを公募し、すでに公表しています。
区内で協議が行われるホッケーは、ユリカモメの「シナカモン」、ビーチバレーは、耳がボールの「ビーチュウ」、品川区が競技団体と連携協定を締結しているブラインドサッカーは、ヤタガラスとネコをイメージした「ヤタタマ」のぬいぐるみができました。
(「八咫烏(やたがらす)」とは熊野三山の神使であり、熊野のシンボルとされている三本足 のカラスです。 『日本神話』では「神武東征」の中で神武天皇を大和に導いたことで知 られており、現在ではJFA(日本サッカー協会)のシンボルマークにもなっています・人文研究見聞録より)
先日、役所内に飾られていたぬいぐるみを写メしたのですが、1/26の都政新報に記事が出ていましたのでUPしました。
区立小・中学校46校へ配布が開始され、今後公共施設にも順次配布され機運醸成が図られます。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
品川区 新妻佐江子
s.niizuma@shinagawa-komei.org