バックナンバー 2011年 9月 20日

  おおこし勝広です。

  随分、涼しくなりました。今朝、テレビを見ていたら嬉しいニュースが。

一つは福島原発の冷温停止計画を年内に前倒しするとのこと。

トラブル続きだった循環冷却装置が安定化し、原子炉の冷却が着実に進んでいるのでしょう。

「よっし!」という気持ちになりました。

原子力災害対応の「止める」「冷やす」「閉じ込める」の3段階のうち、これからはいよいよ「閉じ込める」対策となる。

 更には放射性物質に汚染されたものをどのようにするのか、中間処理施設、最終処分施設などの、

設置問題など山積していることから、国内外の力を結集し、早期終息へ向けた取り組みを切に願うものです。

 また、この連休、東北地方に行楽に出かけた方が多いとのこと。

大手の旅館では繁忙期の7割まで戻ってきているとのこと。

嬉しく思いました。復興といっても人の交流が第一。

 これから紅葉シーズンを迎え、連休も多いことから、期待もさらに高まります。


 さて前々回のブログでお約束していた第3回定例議会における会派の本会議質問のうち、

私が担当した高齢者福祉総合計画と第5期介護保険計画の改定に関する質疑についてご報告いたします。

全てとはいきませんが、在宅医療相談調整窓口の設置など良い答弁が返ってきました。

更にがんばります。詳細は下記の通り。

1.介護保険料引き上げを抑えるため具体的提案について

    質問1:都に財政安定化基金の活用を積極的に働きかけるべき。

    区長:都に対して区長会を通じて働きかけを行う。

    質問2:区の介護保険給付準備基金の活用すべき。

    区長:H23年度の基金残高は約4億円を想定しているが、可能な限り活用を図る。

    質問3:第5期に大幅な引上げが想定される年収350万円未満世帯の介護保険料について、

      一層の多段階化(現在7段階)を図り、負担を軽減すべき。

    区長:全体のバランスを見て今後の第5期計画策定の中で検討する。

2.高齢者支援総合センター(地域包括支援センター)の業務支援について

質問1:地域の総合的な高齢者福祉の窓口となっているセンターの職員を増員すべき。

区長:総合的な相談窓口として、一層の強化を図る必要があるが、国の動向を見ながら

   職員増員について対応する。

質問2:各センター単位で行われている地域包括ケア会議に区が積極的な支援をすべき。

区長:一層努力していく。

質問3:退院後の医療・介護・福祉の支援・コーディネートを行う在宅医療相談窓口を設置せよ。

区長:本来、高齢者支援総合センターで行う業務だが、センターは介護業務の比重が大き

    く、医療機関ときめ細かな連携ができていない課題がある。

    医療・介護・福祉の連携ニーズは今後増大すると認識している。提案の在宅

   医療相談調整窓口の設置が必要だと感じている。

   設置場所は第5期計画の中で検討する。

3.サービス付き高齢者向け住宅について

質問:高齢者優良賃貸住宅では、4万円の家賃補助があった。

    しかしサービス付き高齢者向け住宅では未だ不明。同様に実施すべき。

区長:国の制度では一定の条件のもと家賃補助は可能となっているが、都の動向が明らか

   でない。都が決まったら区としても家賃補助を検討したい。できれば家賃5万円

   程度で住めるよう努力したい。

4.院内介助について

質問:院内介助が必要とされた方が介助サービスを利用しても、待合室や診療室での待機時間や、

   医師から話を伺う時間などは報酬算定されず、患者さんの全額自己負担となる。

   介護保険制度の欠陥だが、制度で整備されないなら区独自の助成を実施すべき。

区長:待機場所や時間の確認方法や財政的な課題もあるので、しばらく検討させてほしい。

Twitter
カレンダー
2011年9月
« 8月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
外部リンク
サイト管理者
墨田区 大越勝広
okoshi-s-komei@polka.ocn.ne.jp