バックナンバー 2010年 12月

12月13日、午後から東京都済生会向島病院の取組みを元厚生労働大臣の坂口力党副代表と共に視察いたしました。

この内容は12月15日付けの公明新聞にも掲載されました。

視察内容は2点。

  1. 区東部2次医療圏(墨田区、江東区、江戸川区)における糖尿病の医療連携について(講師:北村信一 名誉院長)
  2. 救急患者お断り解消プロジェクトについて(講師:高橋幸則 院長)

 高齢化や欧米化する食生活、ストレス社会などの影響により、今、糖尿病は増え続けています。昨年、厚生労働省が発表した調査では日本の糖尿病総患者数は237万人、実に入院患者の16%が糖尿病であることが明らかになりました。糖尿病は様々な合併症を併発しやすく、治療にあたっては患者の地元のかかりつけ医と糖尿病の専門医療との連携は極めて大切だと思い、昨年、議会においても代表質問で取上げました。(このテーマの質問については私が担当しました)。

 済生会病院は区東部医療圏において希望する350人のドクターと登録制による医療連携をスタート。糖尿病の専門医療機関として、患者の病状や治療内容などの情報を共有するクリティカルパスの作成や、連携のガイドラインの作成、更には学術集会の開催、患者に対する療養指導を学ぶ会の立ち上げなど、様々な取組みにより、病診連携(病院と診療所の連携)が向上したことで、患者にとってもかかりつけ医にとっても安心して相談できる体制が構築されるなど大きく前進。連携した症例件数は3年間で7000件にも及び、今後も期待されているとの話を伺いました。

 また、「救急患者お断り解消プロジェクト」は2次医療機関だけでなく、3次医療機関でも大変参考になる取組みだと実感いたしました。向島病院では「救急お断り率」が推計50%であり、更に分析した結果、そのうち25%は受入れ可能な患者であることとが判明。できる限り断らない救急医療体制を構築するため、プロジェクトをスタート。断ったケースの解析や、高橋院長自身が陣頭指揮にたって医師や看護士などの医療現場のスタッフへの聞き取り調査を実施。そうした取組みにより受入れ基準のガイドラインを作成、更には救急隊からの電話対応に救急担当看護士を配置するなど、様々な病院改革に着手。改善は病院だけでなく、救急隊である消防署にも向島病院が内科専門医であることを徹底周知することで、外科的救急要請が減り、内科的救急要請が増え、断り件数が減ったとの事。

 東京都は救急車が患者乗せてから病院に運ぶまで40分以上かかると言われ、大変大きな問題になっています。救急医療システムの見直しも進んでいますが、こうした病院独自の改革により、お断り率25%と大きく減少した事は、今後の救急医療改革にとって極めて大事な要素だと思いました。

 その他、2次医療機関における救急医療体制の整備が、経営面に与える影響など、病院経営の現実の話や3次医療機関と連携についても意見交換させていただきました。

 これから更に地元医師会の皆様と意見交換の機会を増やし、政治・行政の側から安心の地域医療構築のため、国や都とも連携する必要性を強く実感いたしました。

 5日ぶりです。目の調子が悪く、しばらくお休みしてました。

ブログに掲載しようとしていた話題もあったのですが、古くてもいけないので、新しくつづります。

12月9日、私の46回目の誕生日でした。この日は午前中に東京国際展示場で開催された「エコプロダクツ2010」に参加してきました。

午後には会議があり、地元に戻らなければならないため、入場については事前登録していたのですが・・・・

想像を超えた込み方でした。

当日申込より事前登録者のほうが多く、事前登録者の窓口に人が殺到してしまいました。

予想と現実は違うんですね。こんなところで勉強しました。来年以降は運営の改善を期待します。

さて今回のエコプロダクツは公共施策としての先進的事例にどんなものがあるか楽しみにしていました。

温暖化対策などの環境対策を行政施策として進めるにあたって、個人的には「見える化」が大切だと思っていました。

そのため、区議会でも学校の省エネ割合やco2削減効果が見える「フィフティーフィフティプログラム」の実施などを提案・実現してきました。

訪問したのは北九州市のブース。そこに「見える化」の文字が。リサイクル商品開発、スマートコミュニティのまちづくりなど多角的に提案されていました。

続いて、大学による環境問題への取り組み。私立、国立の様々な大学が活発に研究成果の発表やその主体的取り組みを紹介していました。

私は大学における環境研究も産業振興につなげなければ、継続性と発展性が難しいと思っています。

そういった意味で、産学連携による成果を期待していたところ、国立大学法人京都工芸繊維大学の提案・取組みは面白かったです。

京都といえば、「竹」。その地元素材を使ってエコ商品の開発をしているとのこと。

例えばスーパーの買い物カゴ。スーパーの買い物かごはプラスチックで1個あたり約3㎏のco2を排出しています。

これをこの大学では竹かごの実用化を提案しています。

そのほか、計量カップやトング、ハンガーなどの生活用品について、抗菌・防臭効果のある竹製品を提案し、実用化を目指しているとのことでした。

竹炭を練りこんだ「京丹後黒丹バーガー」は販売が開始されたとのことでした。

そのほか、全農のブースでは「田んぼの学校」というテーマで、稲の育成過程から、生物の多様性やお米、もみ殻からのバイオエタノールの精製など、小学生の教育教材としては極めて素晴らしい展示をされていると感心させられました。

明日11日まで開催しています。興味のある方は是非とも、足を運んでください。

12月10日、第4回定例議会が閉じました。平成21年度一般会計決算の否決など、荒れた議会となりましたが、様々な問題を提起した議会だったと思います。

昨年来、私たち公明党は議会改革を提案し続け、会派だけでなく議会運営委員会でも先進的自治体である三重県議会の議会改革を視察してきました。

今回の定例議会の中で、議会改革の大事な要素である「予算・決算委員会の常任委委員会化」を何としても実現しなければならないと決意しました。

来年の統一地方選をにらみ、様々な動きがありますが、2元代表制における議会の役割、その果たすべき役割を遂行するため、議会改革のリード役を公明党が担わなければならないと痛感しています。

  

今週は障害者週間を記念しての行事が盛んに開催されています。昨日は「ふれあいフェスティバル」に参加した模様をお伝えしましたが、今日は高次脳機能障害若者の会「ハイリハ東京」10周年記念で開催された美術展「新歩展」と第29回肢体不自由児・者の美術展に池袋の東京芸術劇場に行ってきました。 

 公明党は、高次脳機能障害について、国会や地方議会でも積極的に取上げ、様々な支援を推進してきました。 

 私も日頃から懇意にさせていただいている「有名堂せきね」のお嬢さん、関根里絵さん-29才の時、自転車ごと車に引っ掛けられ、投げ出されたところにバスが・・・。奇跡的に一命は取りとめた者の手足にしびれが残り、更に脳機能にも重い障害が-高次脳機能障害でした。 

 長い入院生活、その間の苦しいリハビリ。本人だけでなく、里絵さんを支えたご家族も大変なご苦労があったと思います。そんな中、「リハビリになるよ」と渡された1本のクレヨン。里絵さんは震える手を必死に押えながら、今の自分の気持ちを絵日記に。1枚の絵の下書きに8時間以上もかかったそうです。それでも努力をやめなかった里絵さん。その作品は文字や絵が震えていますが、とても温かいものでした。 

 その里絵さんの作品が中高年女性向け雑誌「清流」の編集長の目に留まり、連載がスタート。次第に反響が大きくなり、「絵のこころ絵日記」として出版されたのです。 

 今回の展覧会は、こうした高次脳機能障害という重いハンディを持ちながらも、懸命に頑張っている方々の作品展で、どれも素晴らしい作品でした。 

 「宿命」を「使命」に変えた関根里絵さんのご一家。会場で里絵さん、お母さんとしばらく懇談。里絵さんは益々、輝いているように感じました。

 お母さん曰く「(高次脳機能障害のため)辛いリハビリの事も直ぐ忘れるから、何度も挑戦できた。それが良かった」と。その言葉にマイナスをプラスに受けとめてきた「生きる強さ」を感じました。ただ「親がいなくなってからのことが心配」とのお話もいただきました。全ての障がい者を持つ全ての家庭の問題であり、政治的にもしっかり取組まなければならないテーマだと改めて強く認識しました。

里絵さんとお母さん

   

 肢体不自由児・者の美術展も素晴らしい作品ばかりでした。 

  

吉見成生君は15才。障害で体が常に左に傾いてしまうので、左手で傾く体を必死に抑えながら、右手で必死に書いた書”翔”が心に残りました。その他、プロ級の作品も多数ありました。 

 日本では心身にハンディを抱えた人の事を「障害者」と呼びますが、アメリカでは、挑戦という使命や課題、挑戦するチャンスや資格を与えられた人という意味で「チェレンジド」と呼んでいるそうです。 

 こうした展覧会が、もっとマスコミや大勢の方に注目され、チャレンジドの方々の可能性を引き出す”きっかけ”になってくれればと願うものです。 

 

好天に恵まれ、清々しい青空が広がった12月4日、障害者週間を記念した「ふれあいフェスティバル」がすみだリバーサイドホールで開催され、参加してきました。

 先ず区役所入口に、過日、NTT東日本様から区内の社会福祉法人に寄贈されたパンを作り、販売できる自動車が展示されていました。
 会場に入ると大勢の人が・・・
 点字タイプの体験や、革製品での携帯ストラップ作りなど、趣向を凝らした様々なものに親子で挑戦する姿が見られました。

 メーンステージでは時間帯により、障害者を支える様々な制度や取り組みが紹介され、大きな啓発の場となっていました。
 私が参加した時間帯では、補助犬の実習が行われており、盲導犬、介助犬、聴導犬ごとにその実演が行われ、大変参考になりました。盲導犬、介助犬はラブラドールでしたが、聴導犬は小型犬「響」君でした。聴導犬の活躍する場はほとんど室内である事から、小型犬が適しているとの事。そういえば、先日、チワワの警察犬が初めて誕生したとの報道がありましたね。ワンちゃんって本当に頭がいいんですね。感心です。
 

 日本補助犬協会の方に話を伺うと、補助犬は全国で、盲導犬で1070頭、介助犬で50頭、聴導犬においては26頭。しかし、それに対するニーズは盲導犬では1万件を超えており、全く需要に追いついていないとのこと。介助犬、聴導犬も知られていないのでそこまでのニーズはないが、潜在的ニーズはやはり1万件と見込んでおり、認識が広まるに比例して、ニーズが増えると予測しているとのこと。

 まだまだ障害者施策として改善しなければならないことを感じながら帰ってきました。

 午後から挨拶回り。約30軒を訪問。現政権の事、スカイツリーのこと、メタボ、おいしいハーブティーの入れ方など、様々お話できました。

 

23区でもジェネリック医薬品の使用促進通知サービスの実施を!

 ジェネリック医薬品に関する特集の最後に、現時点における私の考えを明らかにしておきます。

 先ず、患者への適正医療の提供を大前提としながらも、増大する医療費を削減しなければ、現行の医療保険制度の維持は財政上、極めて困難であり、更に被保険者側(特に国民健康保険の中間所得以下の世帯)からすれば、保険料について既に限界に来ており、これ以上の負担増は困難になってきています。

 2013年に国民健康保険制度の見直し、更には2018年には、国民健康保険の実施主体を都道府県に移行することが検討されるなど、国の方でも様々な検討が始まりましたが、国の支援のあり方を踏まえ、抜本的な制度の見直しが急務であること。その上で、市区町村が取組める医療費削減の具体的手段として、「ジェネリック医薬品の定着化」をしっかり推進する事が大事だと思います。

 「ジェネリック医薬品の定着化」に向けた具体的手段として、

  1. 今回の特集で提案してきた「ジェネリック医薬品使用促進通知サービス」の実施
  2. 「ジェネリック医薬品お願いカード」の配布
  3. 患者側へ情報提供 など

が上げられます。

 但し、全ての新薬に対応するジェネリック医薬品があるわけでもなく、医療現場には過去の粗悪品の印象により、ジェネリック医薬品に対する根強い不信感もあることから、その実施にあたっては、

  1. 医師会や薬剤師会と連携し、患者側に立った上でのインフォームドコンセントの実施
  2. ジェネリック医薬品に対する信頼性向上のための、検査体制の強化と医療現場側への検査結果の迅速な公表と研修

の体制を作る事が大事になってくるでしょう。

 現在、政府は社会保障改革に対して、有識者による検討会を設置し、検討を重ねていますが、自公政権時にも同様の検討会は何度か設置されており、政権が変わったからといって全て新しく始めるのではなく、積み重ねの議論をしっかりやって欲しいと思う。

 民主党政権は、沖縄普天間問題や年金問題、子ども手当てをはじめとして、自公政権での政策の方向を全て否定することから政策展開を計ってきたが、現実には立ち行かなくなり、自公政権が示した方向に戻りつつあると感じます。日本の少子高齢化はどの政党が政権をとったとしても変わらない問題であり、これに対応した社会保障サービスの内容をどこまで実施するのか、その財源はどうするのか、しっかり検討してもらいたいと思う。

本日、13時より私が委員になっている区民文教委員会が開催されました。

区民文教委員会とは教育、環境、国民健康保険、地域コミュニティなどを所管とする委員会です。

今回、委員会に審議が付託された案件は、国民健康保険、老人医療保険、後期高齢者医療保険の各特別会計の補正予算でした。内容としては21年度の一般会計からの繰入金の剰余分を、一般会計に戻すための補正予算でした。

 審議案件については何ら問題ありませんでしたが、報告事項については、国民健康保険料の算定方式が変わり、一部低所得者の保険料が上がることから、激変緩和措置の実施や、今私のブログで綴ってきたジェネリック医薬品の活用などについて、質問・提案させていただきました。

 また、過日視察してきた「図書館を使った調べる学習コンクール」の研究発表の模様を通し、墨田区での実施と学校司書の配置を強く訴えました。

 明日は福祉保険委員会が13時より区役所17階の第1委員会室で開催されます。是非、足をお運び下さい。

 

本日、建設中のスカイツリーが500mを超えました。一番上のアンテナ部分(ゲイン塔)が顔を出し始めました。これから634m向けて、スクスクと伸びていくのでしょうね。

 さて、スカイツリー建設だけでなく、「粋」な下町・すみだをどう活性化させていくか、観光振興をどう墨田の産業振興に結び付けていくのか、大事なテーマだと思います。

 

「ものづくりの街・すみだ」と言われた時代に比べ、今、製造業はかなり少なくなってきました。そうした墨田の産業風景が変わる中、江戸文化を伝承し、まさにすみだの”粋”を演出し、墨田の産業活性化のため、がんばっている職人の皆様が主催する「大江戸職人展」に行ってきました。

 葛飾北斎生誕250年を記念してのイベントであり、伝統工芸品や和菓子の展示・販売、北斎館のある小布施市の物産展など、今までにない華やかさを感じました。

 訪れると、いつものリバーサイドホールが大きく変身。「江戸・すみだ」を感じさせる素晴らしいエントランスが迎えてくれます。(本当に素晴らしいです!)

 

 

ホールの中に入ると、江戸の街に迷い込んだかのような、素晴らしい演出が!(もう涙目です)本当に「いいなあ」と思いました。こういう雰囲気をスカイツリーエリアの外に造れば、観光客はスカイツリーエリアだけでなく、墨田に興味を持ってもらい、区内を回ってもらえるようになるのではと思いました。

 

 職人さんの技も見事です!(こうした実演はずっと見入ってしまうですよね)

 市松人形の話を伺いました。わずか46センチの高さの人形の場合に、1.5メートルの本物の帯が使用され、着物も本物の反物が5尺5寸使われているとのこと。お客様の希望で、思い出のある着物を再利用して作ったり、時には持ち主の髪の毛が使われる場合もあるとのことでした。作る側、作ってもらう側、ともに想いを込めた結晶が市松人形になるのですね。

大江戸すみだ職人展の開催期間は11月29日(月)~12月2日(木)まで

 場所はすみだリバーサイドホールです。

 どうぞ、足を運んでみてください。

Twitter
カレンダー
2010年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
外部リンク
サイト管理者
墨田区 大越勝広
okoshi-s-komei@polka.ocn.ne.jp