バックナンバー 2010年 11月 24日

 今日は横浜・みなとみらいのパシフィッコ横浜で開催された図書館総合展に加納、とも区議と一緒に行ってきました。 

中でも、フォーラム「図書館を使った調べる学習コンクール:その効果について総合的に評価する」については、大変参考になりました。  

以前より、「図書館を使った調べる学習コンクール」を墨田区で実施するため、先進自治体である袖ヶ浦市や同コンクールを主催するNPO法人「図書館の学校」を視察させていただき、本会議で一般質問として取上げさせていただくなど、議会の中で積極的に取上げてきました。  

フォーラムは、東大大学院教育学研究科の根本彰教授と3人の大学院生の共同研究という形で発表され、コンクールに参加された方々を対象に、(当時の)小中高生ごとに分けて、アンケート調査や情報収集・検索の手法などを徹底調査。それをデータ化して調べる学習の効果を検証されたものでした。  

個人的には、調べる学習の過程で身につく能力が、学力向上にも繋がるのではないかと考えてきたので、それがデータ分析され発表になるということで、大変、興味を持ち参加しました。  

フォーラムでは  

  1. コンクールの概要と作品の審査
  2. 入賞作品の分析(背景と調査内容、テーマ分析、作品構成や参考資料の分析など)
  3. 過去の受賞者へのアンケート調査(作品執筆段階や執筆後の効果など)
  4. 地域コンクールの事例:袖ヶ浦モデル
  5. まとめ

終了後、根本教授と意見交換

  といった流れで進み、私が当初、期待していた学力向上に繋がる根拠や関連性については、「更に継続的な調査が必要」とのことで明確に示せるものはありませんでしたが、「図書館を使った調べる学習」により培われる能力がより明確に認識できてこと、墨田区で実施する為にどのような取組みが必要か認識できた事は大変良かったと思っています。  

 根本教授は今回の研究総括の中で、「今の学校での授業学習を”習得型学習”と位置づけた場合、図書館を使った調べる学習は、”探求型学習”。質問力、文献検索・情報検索力、科学的・社会的な観察力・調査力、表現力が養われ、子ども達の可能性を引き出してあげるのに効果的な学習。また、学習効果の可視化が実現できる学習方法。調べ学習成功の鍵も自治体における”図学の連携”にあるとまとめていました。全く同感です。  

 PISA調査(OECDの生徒学習到達度調査)では単に学習到達度だけでなく、教育によって身につけた学力を、どう日常生活に生かすかという能力を調査するものだが、ここ数年、日本の子ども達の成績は芳しくない。特に読解力にいたっては著しく劣っている。その影響もあるのか、数学や科学の分野でも体調傾向が続く。何が原因か一概に言えないが、問題解決力を持った子供達を育てる教育を行うにはどうすればよいか考える時だと思う。  

【おまけ】  

フォーラム終了後に総合図書館展の各ブースを見学。新設される新統合図書館に学びの意欲を掻き立てる新しいシステムなど様々見させていただきました。これは楽しかった。サンプルに墨田が題材に使われていて嬉しく思いました。

突然のニュース速報に耳を疑ったのは私だけではないと思います。

北朝鮮は23日午後2時半ごろ、韓国が黄海上の軍事境界線と定める北方限界線に近い韓国西方沖・延坪島に砲弾。

24日の報道では、砲撃したのは約170発で、そのうち約80発が陸地に着弾。民間人2名、韓国兵士2名が死亡した他、民間人も含め多数重軽傷者がでて、民家60~70軒が炎上しているという。

3月にも韓国海軍の哨戒艦が爆発・沈没し、46名もの尊い命が犠牲になった。

民間人の犠牲者も出ており、北朝鮮のあまりに身勝手な蛮行については、極めて厳しく非難されなければならい。

折しも公明党の山口代表を中心とする一行が、日韓関係の更なる深化や経済連携、更には日米韓で勧めている北朝鮮のウラン濃縮問題への対応協議の為、訪韓中の出来事であり、大変心配しました。

訪韓団に参加した遠山衆議院議員からのメールで、無事に帰国した事を知り安心しましたが、23日の午前中まで北朝鮮の軍事境界線を視察していたとのことで、改めてリアルに事態の深刻さ、緊張感が伝わってきました。

これは韓国と北朝鮮の問題ではなく、私たちの隣国には自分達だけの尺度で平気で民間人の居住地域に砲撃する国があるという事を改めて認識することになりました。

こうした事態を受け、先ずは日本の危機管理上、問題ないか総点検・再検討すると共に、同盟国とスピーディに連携を取り、更には北朝鮮と話せる関係にある中国やロシアとも連携し、アジアの安全保障に積極的に関わっていかなければならないと思います。

今の政権は情報収集機能や、判断に度々遅れが生じているが、与野党関係なく、堅実に、冷静に、スピーディに対応しなければならに事態になっていると大変危惧しています。

Twitter
カレンダー
2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
外部リンク
サイト管理者
墨田区 大越勝広
okoshi-s-komei@polka.ocn.ne.jp