バックナンバー 2010年 11月 12日

11日、 日本の宝である中小企業が独自に開発した商品を展示する「2010 産業交流展」に参加してきました。

産業交流展の会場(東京ビッグサイト)の前で

限られた時間の為、わずか1時間ちょっとの急ぎ足の見学となりました。

展示会には墨田区の事業者も数多く出店していました。

私が回ったブースは医療・福祉系と機械系、それに墨田区が葛飾区、荒川区、台東区と共同で取組んでいる「TASK事業」での出店コーナーを見学させてもらいました。

おしゃれなメモや廃棄物である米ぬかを活用したサプリメント、更には重度介護者の在宅支援見守りシステムなど、各社の素晴らしい商品に感銘を受けました。

墨田区の工場数は、23区では大田区に次いで第2位で約3000社ありますが、随分減ってきました。

墨田区の事業者のブースでは都立橘高校の高校生もお手伝いしており、事業者支援はもとより、製造業の後継者育成という視点も、極めて大切なことであり、高校生がこうした展示会に出店側で手伝うことは後継者育成という点で有意義だと感じました。

交流展では中小企業の展示だけでなく、町工場が多い自治体が、ビジネスマッチングや異業種交流など、独自の産業支援についても紹介しており、時間が許せばそうした行政支援の具体的施策についても見たかったです。(残念・・・・)

昼食も取らないまま、大急ぎで都庁へ。東京都と大阪府が合同で開催した「公会計改革シンポジウム」に参加。

極めて内容の濃いシンポジウムでした。

東京、大阪の2大都市が現在の現金主義・単式簿記の公会計に異議を唱え、企業会計と同じく発生主義の複式簿記を提案する事はメッセージ性が高く、国や自治体の会計システムに大きな一石を投じたと思います。

石原都知事、橋本府知事とも際立ったキャラクターであり、それぞれの話も熱を帯びていましたが、個人的にはその後のパネルディスカッションが極めて内容が濃く、大いに参考になりました。

特に

①協治(ガバナンス)の視点から、公会計は住民がわかる会計にする事が大事。

  具体的には、「自治体財政の見える化」→「自治体財政のわかる化」が必要

②発生主義・複式簿記の改革は、それを活用する側の改革もセットで行う必要があり、今まで公会計に慣れてきた官公庁職員が発生主義・複式簿記の会計から、自治体マネジメントを展開できるよう能力開発も大切。

③公会計改革(発生主義・複式簿記)=自治体の自主自立の道具

という点を強く感じました。

特別講演する橋下大阪府知事

パネルディスカッションの様子

Twitter
カレンダー
2010年11月
« 10月   12月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
外部リンク
サイト管理者
墨田区 大越勝広
okoshi-s-komei@polka.ocn.ne.jp