メニュー
おか明彦のtwitter
リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者

公明新聞 2016年12月03日 6面

愛知県は今年度から、名古屋大学減災連携研究センターの協力を得て、県立学校に勤める採用2年目の教職員などを対象に防災教育基礎研修会を始めました。

この研修会では、南海トラフ巨大地震などの大規模災害に備えて、教職員が防災意識を高め、学校における実践的な取り組みを学びます。今年度は8月に開催され、535人が参加。同大学減災連携研究センターの福和伸夫教授らが、震災の歴史、台風・豪雨による水害についての基礎知識、災害発生時から休校、学校再開までの対応などについて講演しました。

私は昨年9月定例会以降、一般質問などを通じ、官学連携の研修会を開催し、防災に関する高い知識とスキルを持った教職員を育成するよう訴えてきました。今後も未来ある子どもたちの命を守るため、防災力の強化に取り組みます。