メニュー
おか明彦のtwitter
リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者

公明新聞 2016年04月01日 6面

岡明彦議員は、南海トラフ巨大地震の発生が危惧される中、地域防災活動の連携強化や防災訓練の充実が重要な課題だと強調。

その上で、地域防災力を高めるための訓練の一つとして、団地やマンションなど集合住宅での避難を想定した災害図上訓練(LODE)の活用を提案。この訓練は集合住宅の建物の図面に、高齢者や子ども、妊婦や障がい者、外国人などの要配慮者や、支援を依頼できる人に目印を付けたマップを作成し、安全に避難できる方法やルートについて議論するもの。岡議員は住民同士が避難や支援のあり方を学ぶことで、地域防災力の向上だけでなく、コミュニティーづくりの一助にもつながると主張した。

大村秀章知事は、県の訓練にLODEを取り入れるなど県民の防災意識の向上に取り組む意向を示した。