メニュー
おか明彦のtwitter
リンク
モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者

公明新聞 2019年02月25日 7面

名古屋市緑区の愛知県営伝治山住宅自治会はこのほど、住民に健康への意識を高めてもらおうと、足のストレッチ方法を学ぶセミナーを開いた。同区で接骨院を営む柔道整復師の男性が講師を務めた。

講師は「体の土台である足は、全身の健康に影響を与える。100歳まで自分の足で歩くことをめざしましょう」と呼び掛け、「足の指を1本ずつ回す」などのストレッチを説明。参加者全員が実践した。

70代女性は「片方の足だけストレッチをしたが、その足は膝を曲げやすくなったと思う。今回教わったことを生かして健康で歩き続けたい」と話していた。

公明党の、おか明彦県議(県議選予定候補)は、同自治会の西出修会長から「住民が楽しみながら健康を学べる催しをしたい」と相談を受け、今回を含め3回のセミナーについて講師を紹介した。おか県議は「高齢化の進む県営住宅で、健康づくりや交流を図ることは大切。各地に広げられるような事例を示したい」と語っていた。