大田市議会議員 石田ようじの公式ホームページ

土砂災害防止法に基づく基礎調査結果について

未分類 / 2015年2月18日

17日夜、久手まちづくりセンターにおいて、住民説明会が開催され、参加しました。
昨年発生した、広島県での土砂災害は甚大な被害を及ぼしました。このような災害がいつ発生してもおかしくない今般の気象状況や住民が水んでいる地域が土砂災害系位階区域(イエローゾーン)なのか、土砂詐害特別警戒区域(レッドゾーン)なのかを把握し、万が一集中豪雨が発生した場合の避難場所、避難方法をあらかじめ想定しておく必要があります。
大田市においては、
【イエローゾーン指定数】
・急傾斜地1834箇所、土石流1115箇所、地すべり79箇所
【レッドゾーン調査結果通知数】
・急傾斜地1753箇所、土石流55箇所
東部ブロック内
・久手町 急傾斜64箇所、土石流2箇所
・波根町 急傾斜47箇所、土石流1箇所
・朝山町 急傾斜79箇所、土石流1箇所
・富山町 急傾斜72箇所、土石流2箇所
今後、ハザードマップで調査結果を記載し、市民に配布予定ですが、急傾斜地に住んでおられる地域は、自治会全体で調査結果を把握しておく必要があります。調査結果は、それぞれのまちづくりセンターに備え付けてあります。

障がい児支援研修会

未分類 / 2015年2月10日

2月9日、社会福祉法人亀の子主催の第4回障がい児支援研修会に参加しました。
講師は、鳥取県立総合療育センター・シニアディレクターの北原佶先生で、「知的障がい児の事例を通して支援の在り方について」お話をお聞きしました。
社会福祉法人が運営する障がい児放課後デイ「亀っ子クラブ」での事例を指導員が解説し、保護者、学校の先生、参加者が意見を述べ、北原先生がアドバイスを行うという研修でした。片づけ方、音楽療法のなど、障がい児の指導法が分かりやすく解説していただきました。
このような研修を市内保育園、幼稚園、学校関係者、放課後児童クラブの一人でも多くの関係者が学んでいくことが、大田市の障がい児支援につながると考えます。