menu
カテゴリー(党政策)

天神会 古賀病院の市民公開セミナーに参加してきました。11月25日 古賀病院5階の記念講堂において、「胃がん予防のためのピロリ菌除菌検査の保険適用」「透析・糖尿病患者の足病について」2つのテーマで、秋野公造参議院議員による市民公開医療セミナーが開催されました。1つ目のテーマでは、これまでの、秋野議員の取り組みによって、ピロリ菌除菌の保険適用が実現し胃がんの死亡率が着実に成果が出始めたとの報告がありました。2つ目は糖尿病による抹消血管障害により足に裂傷や床ずれが起こり、そこから壊疽が始まり最終的に足を失ってしまう患者さんが増えているという説明がありました。
秋野議員は足病に注目し、正しく治療、予防をしていくことで切断を回避する体制づくりを進めるため、北海道大学の大浦教授と連携し、2016年度の診療報酬改定で下肢末梢動脈疾患指導加算が実現し、足切断を回避する仕組みが全国に整い始めたそうです。正しい知識や理念が広がることにより足病の治療体制が出来上がることが大切だと感じました。

B6C5D0F5-2649-447D-9088-61BC558866EA

明日は衆議院選挙の告示日です。今回の選挙は、安倍首相の判断による解散総選挙となり、かつてない超短期決戦になりました。

政局は希望の党の設立に伴い、民進党が解散状態に追い込まれ、合流騒ぎに排除されそうな人々が無所属や新党を結成しました。今回の争点は、政権選択が軸となり、緊張が高まる北朝鮮問題を含む国際対応や消費増税などが問われています。

改めて見回しても野党の中にはこれらの課題に的確に対応していく政策は見当たらず、反対のみを唱える以前からの構図そのままです。緊張感が高まる国際情勢を見ても対応できる人材も見当たらないと思います。

昨日開かれた日本記者クラブ主催の「党首討論会」に参加した山口代表は「教育負担の軽減」を掲げ、「結党以来、教科書の無償配布など子育て支援の充実に取り組んできたことを背景に、今回は幼児教育の無償化や私立高校授業料の実質無償化、大学生を支援する給付型奨学金の拡充などに取り組む」と強調しています。

公明党は外交においても中国やロシアなどの諸国に、議員団や山口代表が積極的に関わり友好関係を築いており、安倍首相の行動力と連携して外交を支えています。経済面においてもかなりの部分まで回復してきているので、これからが重要な時期になります。

自公政権は、今やバランスのとれた安定した政権運営をおこなっており、この選挙戦において以前のような誤った選択によって混乱をもたらす時間の余裕はありません。

自公政権継続のためにも比例九州・沖縄ブロック4議席完勝!断じて勝ち抜きましょう!

党アピール

キャプチャfukuoka

 

 

先週の記者会見で山口代表が今後の北朝鮮問題への対応について、「今、対話を呼び掛けても北朝鮮に対話を受け入れる気持ちがない。北朝鮮の考えを変えるには、今まで以上の制裁を検討する必要がある」と指摘。さらなる制裁強化では、「一番効果的なのが石油禁輸だが、どのような影響を与えるか検討しながら、国際社会が結束していくことが重要だ」と語っていました。外交的に対話を呼びかけても通用しない今の北朝鮮には対応に苦慮する。追い込まれていけばどういった行動に出るか予想がつかない怖さを秘めている。今月の9日は北朝鮮の建国記念日、昨年は当日に核実験を強行し世界から非難を浴びています。ロシアや中国を含む国際社会が連携し最悪の結果を産まないよう粘り強い対応をおこなうよう願ってやみません。
さて、昨日は福岡市内で公明党福岡県本政策学習会に参加してきました。学習内容はLGBT(性同一性障害)に関して活動してある団体や当事者の方々からお話をお聞きしました。私も身近に対象となる方はおられず、不認識のまま参加しましたが、当事者の方のご苦労や世界の動きなどを伺い認識を新たにしました。 IMG_0904

皆さま明けましておめでとうございます。今年は歳男に当たります。昨年に増して勢いのある年にして行きたいと思います。さて、昨日筑後総支部主催の公明党新年賀詞交換会が開催されました。多くのご来賓と日頃から支援をしていただいている方々が集い盛会に行われました。福岡県本部からは濵地県本部代表はじめ昨年、24年ぶりに選挙区で議席を頂いた高瀬議員、そして河野議員、江田議員が新年のご挨拶をさせて頂きました。今年は年頭から北九州市議会議員選挙が行われ、7月には東京都議会議員選挙も控えています。これら一つ一つの選挙を大勝利し時期衆院選へ常在戦場の決意で戦い抜くことを互いに誓い合い新年のスタートを切らせていただきました。2017年本年もどうぞよろしくお願いいたします。

濵地県本部代表

濵地県本部代表

昨日、福岡市内で公明党福岡県本部大会がおこなわれ決算報告や今後の活動方針が承認され、新しい体制でスタート致しました。これまで県代表を務めてきた木庭氏が挨拶をされ新代表には衆議院議員の濵地雅一氏が就任致しました。本大会には先の参議院選挙で初当選した高瀬ひろみ議員や比例区のあきの公造議員そして、山口代表も駆けつけていただき激励をしていただきました。県本部は新人事や新たなPTの発足など刷新された本部体制で次の局面へ向け党勢拡大に元気にスタート致しました。

IMG_7105

昨日、公明党 福岡県本部夏季議員研修会が福岡市内で開催されました。九州及び福岡県選出の国会議員、市町村議員が一堂に会し参議院選挙の総括及び今後の党活動の取組みなどについて研修がおこなわれ、その会場には山口代表も激励に駆けつけて頂きました。挨拶の内容は参議院選挙への謝意や他党では真似のできない公明党のネットワークを磨き大きく成長して次の闘いを迎えていこうと、呼びかけていただき新たな党勢拡大への出発をさせて頂きました。

 

image

公明党 福岡県本部夏季議員研修会

6月22日参議院議員選挙が告示を迎えました  福岡選挙区では前回の2議席から3議席へ議席が変更されたことに伴い公明党では24年ぶりに高瀬ひろみ候補を擁立し今回の参議院選挙へ挑戦しています  告示の日の夕方西鉄久留米駅東口において高瀬ひろみ街頭演説が行われました  全国比例区には秋野 公造氏が挑戦しています

高瀬ひろみさんが初エッセーを発売されました。この本は中吊りポスターなどでも紹介されていますが、
タイトルは「SMILE 未来へ、福岡から。」2016年2月3日(水)に発売されています。この本、書店で見かけたら、是非、手に取ってご覧ください。
高瀬ひろみさんは、福岡県飯塚市生まれで、嘉穂高校卒業後、創価大学へ入学、卒業後は、外交官として米国や東ティモールの大使館で勤務されていますが、エッセーにはその頃の様子や飯塚での生い立ちなど彼女の視点で紹介されています。特に、100社から不合格通知をもらい苦戦した就職活動の時期から外務省の在外公館派遣委員を経て外交官を目指し、世界へと羽ばたいていかれる過程には大変感銘を受けました。
海外生活を通し彼女は
『これまで外国に暮らしてきて、日本を外から眺めてきました。平和を大切にしてきた日本、世界の中で貢献してきた日本、自分の母国である日本のよさもその問題点も見てきたつもりです。国際情勢がどんどん複雑になっていくなか、平和外交の重要性は、ますます増してくると思います。複雑化する問題に直面するときに、ともすれば自国の利益を最優先に考えてしまう風潮のなか、私の大学の創立者が教えてくれた「皆同じ人間であり、同じ地球に暮らす世界市民である」 という目線を忘れてはならないと思います』
と、語っています。この章の最後にこれまでお世話になった人々への感謝と新たな使命の道へ向けて進んでゆく決意こめ、笑顔の人を世界中に作っていきたいと締めくくられています。これから、海外で培われた感性や語学力を生かし大きく世界へ羽ばたいて行かれる方だと思い期待を膨らませました。
           YouTube動画
 キャプチャt
 

今、「VOICE ACTION」という公明党青年委員会の取り組みがホームページに掲載されていますので、今日は公明党の活動を少し紹介させていただきます。
2015年、公明党は全国各地の18歳〜30代を対象に意識調査を行いました。その中で戴いた、たくさんの声から、新しい考え方やたくさんのヒントを政策に結びつけています。未来の主役となる若者の声をたくさん集めて、国に届け、もっともっと暮らしやすい日本にしていくことを目指しています。それが、「VOICE ACTION」プロジェクトのテーマです。特設サイトの中では、公明党のキャラクターのコメ助アンケートやみなさんのご意見がわかりやすく掲載されています。まだまだ皆様の声も募集中ですのでサイトへアクセスして頂き、こんなのあったらいいなぁとか改善してほしい内容など自由なご意見を書き込んでみませんか?時代を変えるのも動かすのも青年の熱い情熱だと思います。是非若い皆様の熱い声をお聞かせください!よろしくお願い致します。

「VOICE ACTION」  ⇐ サイトはこちらからどうぞ
 attara

新しい年が始まり世間もだんだんと慌ただしくなってきました。国会は異例の速さで招集開会され論戦が始まり、北朝鮮が核実験を突発的におこない世界中に緊張がはしり、経済面でも中国株の影響で株価が下がり世界同時株安が続いています。年明けから報道番組が組まれ騒々しい新年となりましたが、今年一年が皆様にとって良き年となりますようにお祈り申し上げます。さて、今年は参議院の改選の年にあたり今回の選挙から「18歳選挙権」がスタートします。このことにより高校3年生を含めた18、19歳の約240万人が新たに有権者となり、福岡県でも10万人程度が新しい有権者として投票できるようになります。これまで政治参加できなかった世代がどのような投票行動をおこしていくのか大変興味が湧きます。「若者世代は政治に無関心で困ってしまう」こんな声をよく耳にしますが、将来を担う若者が政治に関心を持ち社会が抱える課題を考える良い機会になることを願います。過去の歴史を紐解いてみても青年の熱と力で時代を変革してきた事実もたくさんあります。私たち成人者は、この世代が新しく得た権利を無駄にしないよう情報を提供し丁寧に説明していかなければならないと思います。
※参議院議員福岡選挙区では公明党から24年ぶりに候補を抱えます。久留米支部連合の年頭街頭演説へも2人の候補が駆けつけていただきました。

18歳選挙権 総務省ホームページ

久留米市での新春街頭

田中まさみつTwitter
市民相談もお気軽に!

◇市政に関する疑問や提案など皆様の声をお寄せください。

◇個別の市民相談も下記管理者メール宛てへお気軽にどうぞ! 

件名は市民相談又は提案でお願いします。

モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小郡市 田中雅光
tnk-masa7591@hotmail.co.jp