menu
バックナンバー 2017年 12月

12月の定例議会が終わりました。
今回の議会では法改正に伴う条例の改正や人事院勧告に伴う職員の給与の改正、29年度補正予算などを審査いたしました。補正予算では障害者給付費の増額や道路整備事業費、道路橋梁総務費などの増額でした。
皆さんは地域福祉計画ってご存知ですか?地域福祉は言葉の通り身近な地域でおこなう福祉活動の指針となる計画です。地域福祉活動は社会福祉協議会を拠り所に民生委員や住民が協力し合い、高齢者、障害者、子育て世帯など社会的弱者に寄り添い支援をしていく活動です。この活動には行政の支援を必要とすることが多く連携は不可欠です。むしろ住民活動を活性化するためには行政が活動環境を整えていくことが大切になります。この地域福祉計画では、住民、市民団体、社協、行政それぞれの役割を明確にして地域福祉を推進するものです。

福祉計画には老人福祉計画及び介護保険計画、障害者計画、子育て支援計画などそれぞれの分野で推進計画が作られていますが、地域福祉計画は、これらと横並びの計画ではなく、包括的に管理するする総合的な福祉計画です。私もこの地域福祉計画を重く受け止めており、平成 23 年 6 月に計画の必要性を訴えて一般質問させていただきましたが、今回で、3 回目の質問となります。小郡市では 27 年 3 月にやっと策定されました。そこで今回は2年目となる地域福祉計画の中から重点項目の福祉活動の担い手育成、虐待防止対策の推進について提案を行いました。
昨年安倍政権が打ち出した日本一億総活躍プランなどの国の方で、福祉政策を総合化していく動きが出てきており、この地域福祉計画の位置づけも福祉分野すべての計画の上位計画としていくことが検討されています。

 

小郡市地域福祉計画

20171222_132240000_iOS

小郡市にある外国語学校の生徒たちを対象にフレンドシップ交流会が開かれました。市内に2校ある外国語学校に600名ほどの留学生が通っています。今回参加した国はネパールが大半で賑やかなパーティーでした。主催は小郡市ロータークラブ、おごおり国際交流協会、小郡市の共催で毎年開催されていいます。今回スタッフの方よりお声がけいただき初めての参加となりましたが、留学生との交流は楽しいものでした。留学して半年ほど経っているので、簡単な会話は日本語OKです。

AB7EE8C8-367E-40ED-AF76-5D519ED13107

田中まさみつTwitter
市民相談もお気軽に!

◇市政に関する疑問や提案など皆様の声をお寄せください。

◇個別の市民相談も下記管理者メール宛てへお気軽にどうぞ! 

件名は市民相談又は提案でお願いします。

モバイルサイトQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
小郡市 田中雅光
tnk-masa7591@hotmail.co.jp