※実績マップ (地図上のマークをクリックしてみて下さい)

 

【各地のインフラ整備を推進】

市道の修繕・改修、側溝の蓋、カーブミラーの設置、道路標識、沿道の草刈り等の環境整備の推進等、皆様よりご意見・ご要望をいただいた各地域でのインフラ整備を推進させていただきました。

今後も、安全・安心なまちづくりを進めてまいります。

 

 

 

【防雪柵設置を推進】

IMG_20171205_133106 (2)IMG_20171204_134557 (2)

 

 

 

 

 

 

 

県道304号線、払戸、福川~角間崎地区の防雪柵設置を地域の方と推進しました。

 

 

 

【野石地区 道路の補修】

1533781738515

1533523074636

 

 

 

 

 

 

 

     ↓↓

 

IMG_20180808_104036 (2)

 

 

 

 

 

 

 

傷んだ道路と段差を補修しました(平成30年8月)

 

 

 

【美里小学校入口にカーブミラー設置】

1520926320790

 

 

 

 

 

 

 

(平成30年3月)

 

 

 

 

 

~~提言が実現しました~~

 

定例会の一般質問で取り上げさせていただき実現しました❣❣

 

 

【婚姻届や出生届の記念撮影用メモリアルボード設置】

 

IMG_20180906_145351 (1)

 

 

 

 

 

 

 

平成30年9月より、市役所本庁舎1階、市民ホールに婚姻届や出生届の記念撮影用メモリアルボードが設置されました。

男鹿市地域おこし協力隊の大谷さんに、素敵な “ おめでとうなまはげ ” をデザインしていただいたものです♡

カメラやスマートフォンをお持ちいただいて、婚姻届や出生届の届出の記念に、自由にご利用ください。

撮影でお困りの際は、お気軽に職員にお声がけください。

※ 利用時間:8時30分~17時15分 (土曜日・日曜日・食実を除く)

 

 

 

● 【鳥獣被害対策実施隊設置】

IMG_20180704_223055

 

 

 

 

広報おが7月号掲載記事

 

 

昨年秋「男鹿にクマはいない」の定説が覆され、初めて目撃情報があったクマ対策などに向けて、平成30年6月1日、「男鹿市鳥獣被害対策実施隊」が新たに設置されました。

 

 

【フードドライブ設置】

img_e4ix4a.jpg

平成30年6月より、男鹿市役所福祉課前にフードドライブが設置されました。

いただきものや、買いすぎてしまったものなどを、一般社団法人フードバンクあきたを通じて、食糧支援を必要とする人のもとに届けます。

「もったいない」から「ありがとう」へ、気軽に参加できるフードドライブ活動です。

ご家庭に眠っている食品のご協力をお願いいたします。

 

○ご支援いただきたい食品

・包装や外装が破損していないもの

・生鮮食品以外のもの

・未開封のもの

・賞味期限が1ヶ月以上のもの

・包装や外装を他のものに移し替えていないもの(米は除く)

○提供食品の例

・穀類(お米、麺類、小麦粉など)

・調味料(味噌、醤油、マヨネーズなど)

・保存食品(缶詰、瓶詰など)

・お菓子

・インスタント食品

・贈答品(お歳暮、お中元など)

※アルコール類、時価製品(漬物など)は受け付できません。

 

 

【災害時支援用バンダナ作成】

img_20180530_105429.jpg

 

災害時支援用バンダナは、支援が必要であることが理解されにくい方が着用することにより、避難するための支援や、避難してからの 支援を受けやすくするものです。

バンダナを着用している方を見かけたら見守りや、声かけ等の支援をお願いいたします。

 

 

【新入学児童生徒学用品費(就学支援金)の入学前支給を推進】

IMG_20171101_072012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

児童生徒の就学支援金の入学前支給を推進しました。

小・中学校の就学援助制度のうち、新入学児童・生徒学用品費の支給時期を、今年度から従来の倍額で、入学後の7月から入学前の2月の支給が決定しました。

~支給額~

・小学校 20,470円⇒40,600円

・中学校 23,550円⇒47,400円

 

 

【いつまでも自分らしく「認知症ケアパス」の充実】

IMG_20170310_221336IMG_20170310_221432IMG_20170310_221822

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

認知症の方を支える男鹿市の取り組みや施策を整理し、認知症の進み具合や状況に応じて受けることができる医療・介護・福祉サービスなどについて、わかりやすく示した「認知症ケアパス」が発行されました。

東京江東区が発行している認知症啓発パンフレットに収録されている、いざという時に備えて、自分の思いや望みを書き留めることができる「思い出綴り」を作成して活用していただきたいと提案させていただき、発行した「認知症ケアパス」に、自分が認知症になったとき、希望する生活のあり方などを書き留めることができるページを取り入れていただきました。

 

 

【地域おこし協力隊制度の活用推進】

総務省が進める地域おこし協力隊支援事業は、人口減少や高齢化等の進行が著しい地方において、地域外の人材を積極的に誘致し、定住・定着を図ることで、地域力の維持、強化を図っていくことを目的とする取り組みです。

都市部からの定住・定着の手段としても有効であり、地域活性化にもつながる有効な手立てである地域おこし協力隊制度の活用推進を提案させていただき、5名の方が着任して、市や市民の方々と連携しながら活動していただいております。

 

 

【国土強靭化地域計画策定を推進】

IMG_-b4dcec

 

 

 

 

 

 

 

今後も発生するであろう大規模自然災害等から市民の命、財産を守ることを最大の目的として、本市における防災・減災等に関する施策を計画的に推進するための指針となる「男鹿市国土強靭化地域計画」の策定を推進しました。

 

 

【公共施設等総合管理計画策定を推進】

人口減少等により公共施設の利用需要が大幅に減少することが予想されることから、公共施設の更新、統廃合、長寿命化などを計画的に実施し、今後の維持管理に必要な費用を盛り込んだ「公共施設等総合管理計画」の策定を推進しました。

 

 

【観光地としての環境整備を推進】

IMG_20170525_154933

 

 

 

 

 

 

 

観光地としての景観維持のため、寒風山や沿道の草刈り整備を推進しました。

 

 

【JR脇本駅前及び駅舎の整備を推進】

IMG_20160615_162045IMG_20170428_160903

 

 

 

 

 

 

 

JR脇本駅前の痛んだ道路の整備を推進。駅舎も寒風山をイメージした新駅舎になりました。

 

 

【県内自治体初の「イクボス共同宣言」を推進】

IMG_20160616_123019

 

 

 

 

 

 

 

イクボス宣言とは、従業員がワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭に両立)を保ちながら安心して子育てに取り組めるような環境をつくると、自治体や企業が公に宣言することです。

平成28年6月13日、男鹿市では市長をはじめ、特別職および管理職が、県内では初となるイクボス宣言を、(株)アマノ、柔心会、男鹿偕生会の3事業所と一緒に「イクボス共同宣言」をしていただきました。

 

 

【消防団の処遇改善と装備品の拡充を推進】

011

014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市民の生命と財産を守り、地域防災力の”要”である消防団員の装備品を段階的に拡充しました。また団員の報酬を一律1,500円引き上げました。 けれども、県内ではまだまだ低い状況です。引き続き拡充を目指していきます。

 

 

【「こころの体温計」・「認知症チェックシステム」の導入】

IMG_20160909_165038

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市のホームページに、心の健康を簡単にチェックできるメンタルチェックシステム「こころの体温計」と認知症機能のチェックをすることができる「認知症簡易チェックシステム」を開設しました。パソコンやスマートフォンからご利用できます。お気軽にご活用ください。

 

 

●【雑誌スポンサー制度の導入】

男鹿市立図書館の雑誌の充実を図るため、雑誌の購入代金を負担してスポンサーになっていただき提供した雑誌のカバーに企業、商店、会社等の名称や広告を表示することができ、会社等のPRにもなる「雑誌スポンサー制度」を導入しました。

 

 

 

 

Twitter
外部リンク
モバイルQRコード
QRコード対応の携帯電話をお持ちの方は画像を読み込んでいただくことでモバイルサイトにアクセスできます。
サイト管理者
男鹿市 進藤優子
yshindou5883@gmail.com