menu

7月31日(金)
地方議員特別研修会in東京に行ってまいりました。講師は元武雄市長、樋渡啓祐氏。
私は樋渡氏がまだ現職の時、タブレットPCを小中高の全児童生徒に配布し、反転授業に乗り出した時に、公開授業を視察しに武雄市に行きました。その当時と今と全然変わらない(当たり前ですが)人柄、しゃべり方に私は非常に親近感と尊敬の念を抱いております。

securedownload (1)

 

講演の内容は「地方創生・地域活性化に向けて」と題して行われましたが、当時史上最年少(34歳)で市長に当選して、財政再建自治体寸前のおよそ6万人の武雄市を、今や100万人の環境客を呼ぶまでになったその実体験を通し、地方創生とは何か、何を地方はすべきかを、午前午後の2回に分けて講演しました。

地方の疲弊は「あきらめ」と「前例主義」にあるという趣旨の樋渡氏の講演は、我が帯広にも地方再生のヒントがいっぱいありました。キーワードは「挑戦」と「スピード」と「修正」であるというその言葉に、私は感銘するものでありました。

securedownload (2)

 

securedownload (3)

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
帯広市 藤澤昌隆
m-fujisawa@f1.octv.ne.jp