menu
バックナンバー 2015年 4月

この度の帯広市議会選挙にて、多くの皆様のご支援を頂き、3期目の当選をさせて頂きました。

遊説1
投票率が前回より1ポイント以上下回る50.48%の過去最低の投票率となりましたが、その中で自身の得票は2093票と、前回より130票(前回1963票)上乗せすることができ、13番目で当選いたしました。
遊説3
多くの皆様に支えられて1週間の選挙戦を乗り越え、3期目いよいよスタートいたします。
ご支援、ご指示して頂いた皆様に感謝申し上げるとともに、全力で市政に取り組んで参ります。
今後とも、宜しくお願い申し上げます。

統一地方選の前半戦が終わりました。

北海道の結果は道議、札幌市議とも全員勝利をおさめることができました。応援をしてくださいました皆さまに、感謝申し上げます。

さていよいよ後半戦、我が家が選挙事務所でありますので、早速為書きを貼りました。

北海道の中でも帯広は重点区であります。一日一日を無駄なく戦ってまいります。

 

おはようございます。

今日の帯広は青空が広がっている天気ですが、強風で
体感温度は低いです。
*****************************

帯広市議会議員選挙まで残り19日間となりました。
市内はいま道議選の選挙カーが必死です。3議席に7人の候補。
結果は最後までわかりません。
私は私の戦いを続けております。今日も支援の輪を広げるため
市内を駆け回ります。

久しくブログの更新が途絶えておりました。すみません。

4月3日、道議選が始まり各選対が第一声を上げる中、私は来る市議選(19日告示、26日投票日)に向けて動いております。

今回の帯広市における道議候補は7人。その7人が3つの議席を争います。現職は1人、そして元職1人、新人5人というかつて無い激戦となりました。

特に保守系4人が乱立し、保守票を奪い合う今回の選挙は戦略としてはまずい展開だと思います。自民党が二議席奪還を目指すと当初から言っていましたが、結局絞りきれずに公認から漏れた2人が無所属で立候補。これは決していい結果とはいえません。

今回、私たち公明党は自民党との友党関係もあり、保守系4人に対し自主投票といたしました。4人それぞれが私とも繋がりのある方々であり、やむを得ない結論として理解を求めるものであります。
選挙は気を抜けません。
投票箱のふたが開くまで、全力投球です。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
帯広市 藤澤昌隆
m-fujisawa@f1.octv.ne.jp