menu

公明、厚労省に提言
新型コロナ 医療崩壊防げ 遠隔診療 初診から/簡易検査の保険適用急務 ■重い肺炎 治療方針を
 公明党新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長=斉藤鉄夫幹事長)は3日、国会内で稲津久厚生労働副大臣(公明党)に対し、同ウイルスの感染爆発と医療崩壊の防止に向け、初診を含めた遠隔診療の保険適用や簡易検査の早期導入、重症肺炎に対する治療方針の確立などを求める提言を申し入れた。稲津副大臣は「しっかり対応したい」と応じた。これには同本部の秋野公造副本部長(参院議員)、高木美智代事務局長(衆院議員)、伊佐進一衆院議員が出席した。
 公明党の提言では、同ウイルスの特徴を踏まえ、感染が疑われる人の診療について、他者への感染を避けるために初診から遠隔診療を認めるよう要請。自宅療養する軽症者などへの遠隔診療の推進も求めた。不安感にかられた医療機関の受診など、感染しやすい環境を避けるために国が実施している「医師による遠隔健康相談事業」の継続のほか、患者を適切にふるい分けることを念頭に、健康相談から受診勧奨までを医療機関で行う「発熱外来」(仮称)の設置を提案した。
 同ウイルスを検出する検査については、血液を使って抗体の有無などを短時間で調べられる簡易的な抗原・抗体検査への保険適用を急ぐよう要望。検査キットの国産化による安定供給を確保した上で、検疫所での検査や、感染が疑われる人の選別に用いることなどを含め、検査のあり方を検討するよう訴えた。
 最優先すべき重症肺炎患者の治療に関しては、中国で細菌性肺炎による死亡者が多いことや、過剰な免疫反応により急性呼吸窮迫症候群(ARDS)と呼ばれる症状を起こす特徴を踏まえ、抗ウイルス薬の使用に偏ることなく治療方針を定めることを提唱。抗生物質も含め、国産の治療薬やワクチンの研究開発を加速化するよう訴えた。
 このほか、医療崩壊を防ぐ当面の対応として、国と都道府県が連携して強力に感染症病床の確保を調整することや、人工呼吸器や体外式膜型人工肺(ECMO)の増産・確保を要望。軽症者や無症状者の入院の受け皿となる専用施設の早急な準備と財政支援を求めた。妊婦や透析患者、精神疾患のある人、外国人などに配慮した対応も促した。
 感染と重症化の予防では、手洗いや咳エチケットに加え、栄養・睡眠などで体調を整えることや、糖尿病など基礎疾患のある人には疾患をコントロールする重要性について、公共広告機構の活用など強力な普及啓発を求めた。
写真キャプション提言のポイント

3月29日、日曜日
首都圏の週末の外出自粛要請で自宅での作業。
起きた時は降っていなかったのに
天気予報通り9時頃から雪に。
びっくりでしたが、やっぱり天気予報通り午後3時前には止み。
春の雪、あっという間に溶けます。

3月27日
新座市議会が閉会しました。
追加議案の質疑、採決。
全員協議会では、国の新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応策第2弾を受けた市の対応について説明がありました。
公明党が矢継ぎ早に要望してきた感染防止対策や休業補償、事業者支援の対策等が多く盛り込まれています。
別に掲載しますのでご覧ください。また、個別のご相談はお近くの議員までお気軽にご相談ください。
最近市役所には、キッチンカーがきています。
日替わりでいろんなキッチンカーだそうで、一昨日はラーメンだったそうです。
昨日はベーコン丼。厚切りのベーコン、焼いてるのがあまりに美味しそうだったので、ベーコンだけを晩ご飯に買って帰り賞味。美味でした。
この土日、首都圏では外出自粛要請が出ました。
知らない間に他の人にうつさないよう、自分が罹らないよう
不要不急の外出はしないように。
今日もお元気で〜〜

3月24日の公明新聞掲載記事です。
主張
新型コロナ対策
自治体間の連携強化も重要に
2020/03/24 2面
 世界保健機関(WHO)は23日、新型コロナウイルスの感染者は世界187カ国・地域で計29万人を超え、死者は約1万3000人に上っていると発表した。国際社会が深刻な危機に直面する中、わが国も感染の拡大抑制に一段と力を入れねばならない。
 政府の専門家会議が19日に発表したように、国内の感染は一定程度抑えられていると言えよう。大規模イベントの自粛や時差出勤、テレワークの推進といった感染防止策が拡大のスピードを鈍らせ、一定の効果を上げているとみられる。
 それでも、感染者数は増え続けており、感染の連鎖を断ち切るには至っていない。正念場とされる状況が続いていると認識すべきであり、決して気を緩めてはならない。
 専門家会議が提言で「オーバーシュート」という言葉を初めて用いて警戒を呼び掛けたのは、その証左だ。
 オーバーシュートとは、爆発的な感染拡大が起きることを指す。都市部を中心に感染経路が分からない新規感染者が増えており、欧州のように突然、大規模な拡大が起きかねない状況にある。
 わが国の感染防止策の柱である▽クラスター(患者集団)の早期発見▽医療提供体制の確保▽市民の行動を変えること――を改めて徹底すべきである。東京都は23日、重症患者の入院を受け入れる病床の確保など医療体制を拡充する方針を示した。こうした取り組みを他の地域でも進めてほしい。
 自治体間の連携が重要になることも指摘しておきたい。とりわけ首都圏や関西圏は、県境を越えて往来する人が極めて多い。近接する自治体が協力しなければ対策の効果は見込めないだろう。
 例えば治療体制の面では、広域での受け入れ態勢をあらかじめ整備しておくことも検討すべきではないか。
 一方で専門家会議は、感染者が確認されていない地域において屋外でのスポーツや文化施設の利用など、リスクの低い活動から自粛の解除を容認した。
 ただ、自治体にとっては難しい判断が求められる局面もあろう。政府は、引き続き積極的な情報発信に努める必要がある。

日曜日の昨日
夫と本多緑道と栄緑道へ。
樹によって満開に近いのとまだまだのと。
午前中だったのでお散歩する人も少なく。
遠くにいかなくても
さくらの名所は市内にたくさん。
黒目川沿いもおすすめです。

おはようございます。
今日から三連休の方も多いと思います。
密閉空間でない外ならコロナも大丈夫。
閉じこもっていては身体によくないです。
街を歩けばきっとあちこちお花見できますよ。
今日もお元気で。

昨日は多くの方からお誕生日メッセージいただきありがとうございました。
帰りに自分のために買ったピンクのお花。
コロナの影響でイベント用のお花が減って大変だそうです。
少し貢献できたでしょうか。
自分も元気になるし。

3月16日
議会は条例改正、予算等、法案の採決。
国保特別会計の賛成討論で登壇しました。マスクつけずに写真撮ってますが、本番はちゃんとしてます。
5時過ぎに終わってすぐ市長に要望書提出。
小中学校が休校になった事で困っている給食事業者さんへの支援を求めるものです。
誕生日前日でしたが、夫がケーキ、娘が「ささやかですが」と、プレゼント買ってきてくれました。
スイス製のハーブ飴。13種類のハーブが入ってて
強烈なお味ですが、効きそうです。

地元のお店で食べたしらすピザにハマり
自分でトルティーヤという皮にしらす、チーズ、オリーブ油
写真はネットで餃子の皮で作ったと。
バジルをふったのだけど
お店では海苔だった。
美味しいもので元気になれます。

やよい通信
外部リンク
サイト管理者
新座市 野中弥生