menu
バックナンバー 2014年 10月

公明党埼玉県女性局のピンクリボン、オレンジリボン街頭に参加。
ピンクリボンについては、乳がんの早期発見早期治療の訴えを。
オレンジリボンでは、児童虐待防止のために1人1人ができること、子どもを社会全体で育てていくという意識、また、虐待が疑われる場合は通報の義務があること、など。
女性の輝く社会のために、尽力してまいります。

ふるさと新座館にて、新座支部大会を開催しました。
安藤ともき県議会議員からは県政報告、西田まこと参議院議員からは軽減税率を中心にお話がありました。
11月17日の公明党結党50年の決意を込めて、全員でシュプレヒコール。
決意あふれる大会となりました。

青空の下、新座リサイクルマーケットが開催されました。
陣屋小学校の音楽会も市民会館で開催されており、そちらに少しのつもりで入ったら、楽しくて最後までいてしまいました。
子どもたちのがんばってる姿はいいものですね。
心が洗われます。無限の可能性を持つ子どもたちの未来のため、がんばらねば、と思います。
というわけで、リサイクルマーケットはゆっくり見られず残念でした。
ショッピングポイントためてクイズに答えると、プレゼントがもらえるそうです。
ちょっとむずかしかったかなあ。あきらめちゃった人多かったかな。
ポイントだけ、か、クイズだけ、ならなあ。
でも工夫が感じられて素晴らしいものでした。

新座市民まつり文化祭芸術展が始まりました。
にいざほっとプラザで、洋画、日本画、写真、書、工芸のジャンル別の展示会が11月23日まで開催されます。
毎年、それぞれの展覧会を鑑賞させていただいていますが、皆さんのレベルの高さに驚きます。
今年もどんな力作が見られるか楽しみです。

健康まつり、ふれあいピック、学童運動会、文化祭開会式、と行事がかさなり、かけずり回った感の1日でした。
健康まつりの開会式では、8020、80歳以上で20本以上歯がある方や子どもたちの絵の表彰式がありました。
でもあまりゆっくり見られず、次のふれあいピックへ。
ふれあいピックでは、みんなで体操したり、玉入れしたり。。。
保護者と来賓の組が勝ってしまい、大人気ない、などと言われましたが。。。勝負は厳しいのです。どんな状況でも、どんな時でも勝つ!大事です。
学童運動会は、広ーい運動場で、とても気持ちいい時間でした。
駆け足の1日でした。

毎年楽しみにしているのが、小学生議会と中学生議会。
今年は小学生議会は他の用事と重なって傍聴できず。
中学生議会も、大和田小のふれあいまつりもあったので途中まで。
子どもだと侮ってはいけません。
後生、おそるべし。
鋭い視点はいつも参考になります。
市長、執行部の答弁も、私たち議員に対するよりいいのかな、という時も。。。
午後は新人議員研修へ。

熊谷市では、今年度、市内全中学校と一部の小学校において、「くまがやピンクリボンの会」のみなさんを講師として、「生命の授業」を行っています。
熊谷市の林幸子議員からお声かけいただき、熊谷市の中学校で生命の授業を参観させていただきました。
2人に1人ががんになる時代。
子どものうちからの正しい知識と理解、生命の大切さを考えることが大事ですね。
がん教育については、私も一般質問させていただきましたが、このような取り組みを新座市でもしていただきたいと思います。
林幸子議員には、他にも多くの刺激をうけ、帰ってきました。

10月11,12日、晴天に恵まれ、産業フェスティバルが賑やかに開催されました。
パレードやステージ、多くの出店を見せていただきました。
たくさんの市民の方が参加され楽しんでおられました。
ご関係の皆様に感謝申し上げます。

10月8日から10日まで、全国都市問題会議参加のため、高知市へ。
今回のテーマは「都市と新たなコミュニティ〜地域・住民の多様性を活かしたまちづくり」
初日は作家の山本一力氏の基調講演、岡崎高知市長、小林八戸市長等のお話があり、2日目にパネルディスカッション。
どの自治体も、特に都市部では町内会の加入率が低下している中、住民参加のまちづくりをどうしていくか腐心しています。
知恵を絞って活路を開いていかなければなりません。

やよい通信
外部リンク
サイト管理者
新座市 野中弥生