menu
バックナンバー 2014年 4月

今日午前中、個人報告会を開催しました。
前回、大雪にも関わらず、2名参加いただいたので、今回はどうかなー、と夫に手伝っていただいて準備しました。
婦人2名と壮年1名、と夫で4名の参加。前回の倍です!なんちゃって。
大人数ではできない質問やご意見をいただきながら、お話できたので、聞いていただく方も眠くならず、和やかにすすめられてよかったのではないかと思います。
今回は予算審議の議会だったので、準備が大変でしたが、少しでも市政についてわかっていただければ、と思い、がんばりました。
次回はプロジェクター使って、かっこよくプレゼンみたいできたらいいんですけどねー。
とりあえず、終わってちょっとほっとしてます。

昨日4月23日、野中やよいグループ初の党員会を開催させていただきました。
参加人数70名、安藤県議会議員も駆けつけてくれ、大成功の党員会だったと思います。
初の記念スペシャルイベントといいますか、私のDVDを見ていただきました。
このDVDは、グループ内の女子学生の手によるもの。
彼女は大学で映像を学んでいて、学校の課題で「一人の人生を映像にする」というのが出て、私を取材させてくださいと来られました。私でお役に立つなら、と昨年の6月から8月まで、密着取材?していただき、できあがったのが今回のもの。、
議会や街宣活動、公務などの様子のほか、家事やゴミだしをしているところ、ランニング姿の夫とばか笑いしているところなどお恥ずかしい姿もありますが、とてもよくまとまって、素晴らしいものでしたので、みなさんが喜んでいただけるのなら、と見ていただきました。
昨年の自分と今の自分、ずいぶん成長したなー、と思えたのが収穫だったかなー。
素晴らしいDVDに仕上げてくれた彼女に感謝。それにしても映像の力はたいへんなものですね。

一昨日、昨日と、女性のがんばっていらっしゃるお姿に接する機会を得ました。
お一人は、理研でウイルスの研究をされている間陽子博士、昨日は、石坂産業社長の石坂典子さん。
間博士は、動物の命も人間の命も救いたい、と獣医学から出発され、ウイルスの研究で人類に貢献する、と自分の使命を定めておられます。

お父様から若くして産廃会社を継いだ石坂社長は、ダイオキシン問題で危機に瀕した会社を見事蘇生され、発展させてこられました。
産業廃棄物の処理がどのようにされ、リサイクルできるまでになるかを、皆さんに見ていただきたいと、40億円をかけて、工場見学ができるようなものにされました。
それだけでなく、人と自然の共生のための環境保全、環境教育、地元の農産物の販売加工による地産地消の推進、など、様々な事業を展開されています。
また、社員の6割が女性、福利厚生も、休暇がとりやすい工夫がされています。
社員教育も行き届き、随所で社員の方から、おもてなしの心を感じるご挨拶をいただきました。
本来なら3時間かけて、見学し、お弁当、カフェでケーキとお茶がいただけるコースもあるそうですが、昨日は1時間半ほどで、見学してきました。
是非次回はゆっくりと見学したい、また、皆さんにも来ていただきたいと思う施設でした。

女性には、生命を守り育てる力があります。直観力があります。何があってもひかない強さもあります。核心を突く鋭さがあります。そしてまた、周囲を和やかにし、調和させる力もあります。
女性が、そのもてる力を意識し、発揮していけば、人類の醜い諍いはなくなります。
そのためには教育しかない、と改めて思いました。
もっと考えていることはありますが、またの機会に。

やよい通信
外部リンク
サイト管理者
新座市 野中弥生