menu
バックナンバー 2014年 3月
d41d8cd98f00b204e9800998ecf8427e.JPG

今日は新座市議会公明党と安藤ともき県議会議員で、「国際女性の日」(3月8日)と「女性の健康週間」(3月1日-8日)を記念する街頭演説会を行いました。
公明党は3000人の所属議員の3分の1が女性議員であり、これまでも女性のための施策に他のどの党より力を入れてきました。
女性専門外来の開設、妊婦健診の無料化、出産育児一時金の拡充、不育症治療への保険適用、など女性の健康を守るための多くの実績を残してきました。
新座市でも、公明党が力を入れてきた、女性特有のがんである乳がん、子宮頸がんをはじめとするすべてのガン検診が、昨年4月から無料になりました。
また、各種健診の実施日にレディースデーが設けられ、医師をはじめとするすべてのスタッフが女性の、非常に安心感のある検診がうけられるようになっております。
今後も女性の健康を守るための政策提言を積極的にしてまいります。

http://www.jinjin-movie.com/

昨日は忙しい一日でしたが、夜の埼玉県の議員の会合終了後に鑑賞させていただいた映画「じんじん」は素晴らしかったです。
俳優の大地康雄さんが、北海道の剣淵町の「絵本の里づくり」に感動して、この映画をつくられたそうです。
映画の中でも出てきますが、絵本の里では、大人たちが自然に子どもたちを集めて読み聞かせを行っているそうです。読み聞かせをとおして、子どもたちを育み、あたたかな地域社会をつくっていこうという、熱意が感じられました。
また、アルパカ牧場に、レストランなど食事ができる場所がないことについて、「ここの人たちは、自分だけが儲けようという考えはないんです。ここでアルパカを見て、他でご飯食べてもらえれば、みんなが喜ぶ」という内容のセリフには、なるほど、と思いました。
ストーリーはネタバレになるので、書きませんが、なんせ、大地康雄さんのキャラ、すごいです。
寅さんと釣りバカ日誌を混ぜたような感じで、大笑い、そして、涙涙の物語です。
ぜひ、ご覧になってくださいね。

やよい通信
外部リンク
サイト管理者
新座市 野中弥生