バックナンバー: 2019年 12月

野田市議会12月議会におきまして、3項目に亘り次の内容で一般質問を行わせて頂きました。

1.先般の台風15号による大規模停電災害等の災害に備えて、今年度導入が予定されている電気自動車を活用した「災害連携協定」締結について。

2.昨今増加している高齢者車両運転時の誤発信事故防止の為、国の補助金設定に合わせて自治体独自の補助金を設定することについて。

3.地元自治会から要望が提出されていて、過去の議会で早期設置を質問させて頂いた「五木新町ふれあい公園前」交差点への信号機設置時期の見通しと工事内容について。

何れも、鈴木市長及び担当当局より前向きな答弁がありました。
また、「1」の災害連携協定については電気自動車導入時に締結予定であり、「3」の信号機については今年度末までに設置予定との答弁がありました。

(質問通告書)

IMG_1160 IMG_1161

(導入予定の電気自動車)

IMG_1163

野田市内で開催された「虐待、DV問題」に関する2つのセミナーに参加して貴重な講演を拝聴して参りました。1つは11月21日開催の野田市家庭総合支援課主催による「野田市要保護児童対策地域協議会実務者研修会」での日本子ども虐待防止学会理事長の奥山眞紀子氏の「虐待防止のための気づきと通告の大切さ」という題名の講演であり、もう1つは11月23日開催の子育てネットワーク主催の講演会でのグループSEC代表の木野麗子氏の「DV家庭と児童虐待」という題名の講演であります。
どちらの講演の中でも、DV、虐待は世間的にごく普通の人が加害者となり、ごく普通と思われる家庭で当事者の価値観の問題として発生しているとのことです。それ故に、周りからは見えにくい部分も多く気づきが大切であり、未然に問題を防ぐという意味で早期の通告が必要とのことです。
そして被害者への保護、ケアとともに加害者に対する継続的な教育プログラムが必要とのことです。

画像は11月21日及び11月23日資料です。

IMG_1153 IMG_1152