バックナンバー: 2015年 7月

<7月14日~16日東北方面へ行政視察実施>

所属している経済環境委員会の行政視察にて、山形県鶴岡市・米沢市福島県会津若松市を訪問しました。
それぞれ今後の野田市における政策の参考として、鶴岡市では「農産物ブランド化」を、米沢市では地域活性化へ向けての「企業立地」をそして会津若松市では「農業の6次産業化」について研修を行って
まいりました。

(鶴岡市)
*ユネスコ食文化創造都市宣言とロゴマーク

2015072111090000

(米沢市)
*産・官・学連携で有機エレクトロニクス事業を推進

2015072111030000

(会津若松市)
*地産地消を目的に「食の出陣券」を販売

2015072111010000

 

 

 

 

 

 

 

 

地域整備実績マップの作成・更新>

昨年11月作成の「地域整備実績マップ」を本年6月までの実績を追加して作成・更新しました。

(平成26年6月~平成27年6月地域整備実績マップ)

img062

<7月6日~7日他市行政視察を実施>

野田市議会公明党会派として、7月6日~7日にかけ三重県鳥羽市および伊賀市への行政視察を実施しました。
(内容)
*鳥羽市では地域再生計画の参考事例として、農協と漁協が協力して運営している農水産物直売所「鳥羽マル シェ」を見学致しました。
*伊賀市では、先進的地域福祉計画である伊賀市の「地域包括ケアシステム」について説明を受けました。

(鳥羽マルシェの施設内)

DSC02773
(伊賀市の福祉計画説明資料)

DSC02775

 

 

<野田市公共施設障がい者用駐車場利用実態調査実施>

野田市議会公明党として、先日一般社団法人の「障がい者社会参画支援機構」と共同で野田市役所をはじめ野田市の主要公共施設3カ所の障がい者等用駐車
場の利用実態調査を実施しました。
その結果は、歩行に何ら支障のない健常者と思われる方の利用が、全体の82%を占め、障がい者の方が利用したくてもスペースがいっぱいでなかなか利用できないとの実態が浮かび上がってきました。
この点に関して、この6月の定例議会で質問を行い、当局より早急に本来の障がい者の方が、安心して駐車できるように対策を講じるとの答弁がありました。

2015070310400010