聞きなれない言葉ではないかと思いますが、消費者協会ではスーパimg026ーなどで販売されている食品の量が適正に入っているかどうか、年2回調査します。魚、肉、果物、惣菜、野菜などを購入し、全量と風袋そして中身の計量をしてラベルに表示されている量目に誤差がないか調べるものです。札幌の(一社)計量協会から計量士が来て実施しています。しばらくぶりに私も参加しました。計量士にも一般計量士や環境計量士、さらに騒音振動関係の計量士がいるそうです。

コメントは受付けていません。