公明党参議院議員 新妻ひでき

新しい日本をつくる、新しい力!

【メールマガジンバックナンバー】 技術士のさらなる活躍を目指して 新妻ひできメールマガジンVol.264

メールマガジンバックナンバー / 2018年6月20日

この度、大阪を中心とする地震により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

皆様の安全と被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

先週、技術士会の定時総会で文科大臣政務官として挨拶をさせて頂きました。

技術士とは、技術士法に基づく科学技術分野での最高位の国家資格であり、高度な技術力を持った技術者の称号です。 

私も航空宇宙と総合技術監理の技術士として、挨拶では、近年急速に進む技術革新・業務の複雑化にともない、技術者に求められる資質・能力が高度化・多様化する中、高い専門性と倫理観を有する技術士への期待が高まっていると申し上げた上で、技術「士」が技術「者」全体に占める割合が4程度と少なく、さらなる拡大があってもよいのではと提起をいたしました。

5期科学技術基本計画には「技術士制度について、産業界での活用が促進されるよう、時代の要請に応じた見直しを行う」とあり、また私も設立に深く携わった「与党技術士議員連盟」の規約には「本連盟は、 技術士制度のさらなる充実と、産業界で活躍促進による日本および国際社会の発展を目的とする」とあります。 

技術士が産業界でさらに活躍し、 日本のみならず国際社会の発展に寄与できるようにするためには、制度の不断の見直し・改善が必要です。議連での議論・検討にも注視しながら、腰を据えてしっかりと取り組んでまいります。

※写真は、技術士会定期総会(左上)と日本技術士会の方々との懇談(右上)、更に日本技術士会愛知県支部での講演の様子です。      

〇メルマガ配信停止手続きはページの最後にございます。

 ※写真はこちら→無題 

新妻ひでき(にいづまひでき) 

参議院議員・文部科学大臣(兼内閣府大臣および復興大臣)政務官

○公明党

国際局次長

文化局次長

愛知県本部副代表

中部方面副幹事長

○参議院

文教科学委員会

政府開発援助等に関する特別委員会(ODA特)

○技術士(総合技術監理部門/航空・宇宙部門)

WEBサイト  http://www.komei.or.jp/km/niizuma-hideki

Facebook   https://www.facebook.com/niizuma.hideki.try

Twitter     https://twitter.com/niizuma_hideki

YouTube   http://www.youtube.com/user/niizumahidekicom

※YouTubeのご視聴は、PCかパケット定額サービスを契約中のスマートフォンでご覧ください。