公明党参議院議員 新妻ひでき

新しい日本をつくる、新しい力!

【メールマガジンバックナンバー】「宝の山」の活用を 新妻ひできメールマガジンVol.228

メールマガジンバックナンバー / 2017年9月13日

いま、日本の山々では「収穫期」を迎えようとしています。植林した木が十分に育ち、人工林が伐採の時期を迎えつつあるのです。しかし、そんな「宝の山」の木々が「持ち腐れ」になってしまいかねない状況です。期待に反してなかなか木が売れないからです。

このような状況を打開する取り組みを見ようと、埼玉県を代表する住宅会社を視察してきました。木造にこだわるこの会社は、木材の購買・加工から、住宅など建築物の工事・販売まで一貫して行います。近年では、住宅のみならず学校のような大型の建築物も木造で建てるとのこと。これは、木材を厚めの短冊状に加工して組み合わせて大きな断面の部材を作ることで、一般の木材よりもはるかに強くすることができたからだそうです。木材の消費が拡大する可能性がここにあります。

しかし、現時点では、残念ながら国産材の利用は2割ほどに過ぎないとのこと。適度な水準まで乾燥させ、寸法が安定した木材が国内では入手が難しいからだそうです。国産材が輸入材に負けないためには、森林地域の木材加工場に乾燥施設を導入するなど、市場ニーズを踏まえた努力が必要になってくると思います。

「宝の山」の木の暖かさが、住宅のみならず多様な建築物に活用されて、人々の日々の仕事と生活を包み、そして森林地域に豊かさと賑わいをもたらせるように、民間の取り組みを後押ししてまいります。

(写真は、大型の木造建築物を油圧ジャッキで試験する施設を視察している様子です。)mailphoto228