公明党参議院議員 新妻ひでき

新しい日本をつくる、新しい力!

【メールマガジンバックナンバー】クルーズ船が促す国際交流 新妻ひできメールマガジンVol.210

メールマガジンバックナンバー / 2017年5月10日

みなさん、『クルーズ船』と聞いて、何を想像しますか?ついこの前の月曜日、横浜港でその実物を見てびっくり。まさに“海に浮かぶホテル”です。

この日停泊していたクルーズ船(写真下)は全長300メートル近くで、横浜ランドマークタワーの高さ(296メートル)をしのぎます。2000名ほどの富裕層が乗船し、寄港してもらえれば、観光・おみやげ購入、また燃料や食糧の補給も含めると、2億円ほどの経済効果があるとのこと。経済効果もさることながら、クルーズ客の方々に日本の街を見てファンになってもらえたら、広い意味での国際交流につながります。

この国会で、クルーズ船がもっと寄港できるように、民間の力を活用して施設整備を促すの法案を審議します。この法案を成立させ、2019年のラグビーワールドカップ、そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、世界中に日本のファンをより一層増やしていく国際交流を促してまいります。

(写真は、横浜港での視察の様子です。)mailphoto210