公明党参議院議員 新妻ひでき

新しい日本をつくる、新しい力!

【メールマガジンバックナンバー】愛知3島の発展のため​に 新妻ひできメールマガジンVol.205

メールマガジンバックナンバー / 2017年4月5日

この週末、愛知県の3つの離島、南知多町の篠島(しのじま)、日間賀(ひまか)島、西尾市の佐久島を、公明党の離島振興対策本部の視察で行ってきました。

篠島、日間賀島はこれまで何度も訪問し、自分では「知っているつもり」でしたが、漁業・観光振興、防災の観点で、詳しい説明を受けながら島を歩いたのは初めてで、自分が「いかに知らなかったか」を痛感させられる学びの機会となりました。

一方、佐久島は初めての訪問。高齢化率が5割を超える人口250人ほどの島なのですが、現代アートを取り入れた町おこしの取り組みを粘り強く続けた結果、観光客が増え続け今ではついに年間10万人を突破!若い女性やカップルであふれて大変な活気でした。

各島で開いた住民懇談会では、漁業者の経営安定策、航路の運賃助成の拡充、光通信の導入、地域おこし人材の確保支援などさまざまなご要望を頂きました。すぐに答えが出るものではありませんが、こうしたご要望に一つずつ結果を出していくことが島の発展に必ずつながるとの決意で、課題にじっくりと取り組んでまいります。

(写真は、篠島の歌碑公園展望台にて(右上)、日間賀島での住民懇談会にて(左上)、佐久島の現代アート作品「おひるねハウス」(下)にて。)

mailphoto205