公明党参議院議員 新妻ひでき

新しい日本をつくる、新しい力!

【メールマガジンバックナンバー】東日本大震災より6年 新妻ひできメールマガジンVol.202

メールマガジンバックナンバー / 2017年3月15日

東日本大震災より6年。あらためて、犠牲になられた方に心よりお悔みを申し上げ、今も避難生活を営まれている方はじめ、すべての被災者の皆様にお見舞いを申し上げます。

先日12日に、公明党の福島復興チームで現地に赴きました。帰還困難区域を除き今月31日に避難指示が解除される飯舘村はじめ、沿岸部(浜通り)の被災12市町村の首長はじめ住民の方々と懇談いたしました。住み慣れた故郷での生活再建にあたり、イノシシなど有害鳥獣の駆除や、営農再開にともなう農業支援の在り方など、さまざまなご要望の声を伺いました。発災当初とは異なり、生活再建に向けて、それぞれの地域の事情に合わせた、きめ細かい支援が求められていると実感いたしました。

政治の果たす役割の大きさを胸に刻み、「風化」と「風評」という“二つの風”に立ち向かい、党をあげて福島はじめ被災地の復興にいよいよの思いで挑んでまいります。

(写真は、住民懇談会後の記念撮影の様子(上)、飯舘村長からの要望書受け取りの様子(下)です。)mailphoto202