本日、東部大阪治水対策促進議会協議会委員として、四条畷市砂にあります

「なわて水みらいセンター」に視察に行かせていただきました。

このセンターは、都市化の進展による計画下水道の増加に対応したもので

寝屋川流域下水道初の窒素・リンの同時除去が可能な高度処理施設として

平成22年9月に供用開始いたしました。

概要説明の後、施設の見学をさせて頂きました。

2階の中央監視室です。鴻池水みらいセンターから遠隔監視制御を行い

無人運転で下水処理を行っています。

地下1階の水処理施設を見学させていただきました。

なわて水みらいセンターには、汚泥処理施設がないため、水処理で発生した

汚泥は、8km離れた鴻池水みらいセンターに圧送し処理をします。

事業の効果として、地域のオープンスペースとして憩いの場を提供したり、

高度処理水を上流域に還元し、良好な水循環を形成しています。

建設時に蔀屋北遺跡から発掘された馬の全身骨格のレプリカを見ながら

説明を受けました。日本で最初に馬が上陸した場所と言われています。

寝屋川市の東部大阪治水委員の池議員と井川議員と一緒に…

関係者の皆様、寒い中、大変にお世話になりました。

コメントは受付けていません。

Twitter
ブログバックナンバー
外部リンク
サイト管理者
寝屋川市 岡由美
y_oka_dandelion@yahoo.co.jp