小川こうじ 公明党練馬区議会議員

ひとりの声を大切に、地域のために働きます!

4.8 今日の公明新聞から

未分類 / 2020年4月8日

image0_5.jpeg
image1.jpeg

昨日、史上初の緊急事態宣言が発出されました。また、過去最大となる緊急経済対策が閣議決定し、その内容も示されました。3密を避けるなどの行動をお一人おひとりがより一層心掛けて、これまで経験のないこの期間を何とか乗り越えていきたいと思います。

4.7 緊急事態宣言発出へ

未分類 / 2020年4月7日

image0_4.jpeg

本日、安倍総理が緊急事態宣言を発出されるようです。山口代表は「(発出の際は)混乱を招かないように、日常生活や経済活動にどのような影響があるか、人々の動き方がどう変わることが望ましいかなど、国民に分かりやすく説明することが大切だ。政府には、そうした対応を求めたい。」と言われていますが、併せて発表されると見込まれている経済対策共々、明快な、分かりやすい説明がされることを望みます。

4.6 今日の公明新聞から

未分類 / 2020年4月6日

image0_3.jpeg

一般の報道ベースでは、安倍総理は「緊急事態宣言」に向けた意向を固め、諮問委員会に諮り、専門家の意見を仰いだ上で、近く宣言を出す方針とのことですが、まさに、今が医療崩壊を防ぐ正念場ですね。

4.5 今日の公明新聞から

未分類 / 2020年4月5日

image-1.jpg

本日の公明新聞1面は、「新型コロナ『正しく恐れる』ために確かな情報に触れよう」です。様々な情報が飛び交う中だからこそ、事実に基づく、冷静な情報の取捨選択が大事だと思います。
#公明新聞電子版

4.4 交差点の一角が整備されました

未分類 / 2020年4月4日

image0_2.jpeg

地元・石神井台八丁目交差点の一角の整備として、植栽が施されました。
なお、整備にあたって撤去されたカーブミラーについては、ポールを立てる場所がないため、電柱に設置をする形となるそうです。その許可などの関係から、設置にはもう暫く時間がかかります。

4.3 「新型コロナウイルス感染症に対する練馬区方針」の 変更

未分類 / 2020年4月3日

4.3 「新型コロナウイルス感染症に対する練馬区方針」の変更
練馬区でも感染拡大が続いており、昨日で練馬区の感染者は25名となりました。また、東京都が都立学校を5月6日まで臨時休業とすることを決定し、小中学校においても同様の措置を取るように各区市町村に要請したこともあり、区は、これまでの方針を一部変更しました。

https://www.city.nerima.tokyo.jp/hokenfukushi/hoken/kansensho/2019-nCoV/houshin.html

4.2 練馬区の新型コロナウイルス感染者の発生状況

未分類 / 2020年4月2日

昨日、区のホームページに発表されましたが、特に最近は、若い年代の感染者が増えております。誰もが感染する可能性がありますので、不要不急の外出は控える。また、手洗いや咳エチケットなどの基本的予防の徹底。そして、感染リスクを高める密閉、密集、密接の「3密」を避けるなどの行動をお互いに心掛けましょう。

https://www.city.nerima.tokyo.jp/hokenfukushi/hoken/kansensho/2019-nCoV/hassei.html

4.1 公明党の経済対策提言

未分類 / 2020年4月1日

image0.jpeg

昨日、公明党の経済対策提言が政府に提出されました。この提言の内容を反映した政府の経済対策が早期に取りまとめられ、お困りの人のもとに支援が届くことを願います。

3.31 練馬区の学校再開の方針

未分類 / 2020年3月31日

昨日、練馬区は「区立学校の授業再開等について」などの内容を含む、方針を示しました。
様々なご意見などありますが、「児童生徒に新型コロナウイルスから身を守る意識をしっかりと持たせるためにも、子供たちの命と健康を守ることを第一に、感染防止対策の徹底を図りながら、区立学校を4月の新学期から再開する」とのことですので、引き続き、学校現場の状況などを伺いながら、注視してまいります。

https://www.city.nerima.tokyo.jp/kosodatekyoiku/kyoiku/oshirase/korona.html#PTOP

3.30 今日の公明新聞から

未分類 / 2020年3月30日

image0_23.jpeg

けいざいナビゲート「コロナ危機の経済対策」の記事が掲載されています。
一部報道を見ると、今日にでも公明党が政府に経済対策を提言するとありますが、本当にお困りになられている人を支援する対策ができるだけ早期に成立することを願います。