小川こうじ 公明党練馬区議会議員

ひとりの声を大切に、地域のために働きます!

6.28駅頭(大泉学園駅南口1階ロータリー)

メルマガ 駅頭・街頭 / 2018年6月28日

image1_22.jpeg

木曜定例の大泉学園駅南口でのご挨拶。昨日で閉会した平成30年第2回定例会のご報告などを致しました。
今朝、お送りした「小川こうじメルマガ」を転記させて頂きます。是非、ご一読下さいませ!
なお、不具合により、同じメールが2回届いてしまっているようです。メルマガをご愛読の皆様には、お詫び申し上げます。

「平成30年第2回練馬区議会定例会を終えて(小川こうじメルマガvol.34)」
おはようございます!小川こうじです。

6月11日(月)より開会していた平成30年第2回練馬区議会定例会が、昨日・27日(水)に閉会しました。4月15日の練馬区長選挙で、前川あきお練馬区長が2期目の当選をされてから初めての定例会でしたが、初日の本会議に上程され、委員会に付託された27議案はすべて議決されました。また、練馬区議会公明党の提案で提出された「ヘルプマークの更なる普及促進を求める意見書」は、様々な紆余曲折がありましたが、起立採決により全会一致で採択されました。なお、ヘルプマークの更なる普及については、今回の練馬区議会公明党の一般質問でも、私が作成した質問の中で取り上げておりました。そして、本定例会開会中の18日(月)には、大阪府の北部を震源とする大阪北部地震があり、登校中の小学4年生の女子生徒が通学路にあるブロック塀の倒壊によりお亡くなりになるなど5人の尊い命が失われました。哀悼の意を表するとともに、被災された皆様にお見舞い申し上げます。この大阪北部地震については、私が副委員長を務めた総合・災害対策等特別員会でも報告事項として取り上げられ、本会議での委員長報告でも言及されました。

最終日の本会議では平成30年練馬区議会の議会人事があり、議会三役では、公明党から副議長に西野こういち議員が選挙で選ばれ、監査委員は斉藤静夫議員が選任同意されました。また、常任・特別委員会の委員も変更となり、私・小川こうじは、常任委員会は健康福祉委員会、特別委員会は医療・高齢者等特別委員会として、活動させて頂くこととなりました。

練馬区議会公明党の体制も新たにみつなが勉議員が会派幹事長に就任されましたが、みつなが幹事長を中心に12名全員がしっかり団結して、今回、全国の公明党前議員が取り組んだ100万人訪問・調査運動等で区民の皆さまから頂いたお声など区政に届け、反映・実現していけるよう、これからも全力で頑張ってまいります!