小川こうじ 公明党練馬区議会議員

ひとりの声を大切に、地域のために働きます!

平成30年第1回定例会を終えて(小川こうじメルマガ vol.33)

メルマガ / 2018年3月10日

本日、配信させて頂きました。
少々長文ですが、よろしければ御一読下さい。
——————————
こんばんは!小川こうじです。

2月2日(金)〜3月9日(金)に開催された平成30年第1回練馬区議会定例会が、昨日閉会しました。今定例会では、議案として提出された平成30年度練馬区一般会計予算案および4特別会計予算案を審議する予算特別委員会が開催され、私は、以下の通り、産業経済費・環境費、都市整備費・土木費・公共駐車場会計、平成29年度補正予算、全款補充質疑の計4回、質問に立ちました。地域の皆さまからお聞きしたご要望などを区政に届け、反映させようとの思いで、質問・提案等をさせて頂きました。

2月20日(火) 産業経済費・環境費

「まちゼミ・商店街支援について」

「世界都市農業サミット・ねりマルシェについて」

2月23日(金) 都市整備費・土木費・公共駐車場会計

「公共交通空白地域改善について」

「自転車安全対策について」

「特色ある公園について」

3月1日(木) 平成29年度補正予算

「ICT教育について」

「自転車駐車場について」

「オリンピック・パラリンピックの機運醸成について」

3月5日(月) 全款補充質疑

「みどり施策について」

「生産緑地について」

平成30年度練馬区一般会計予算および4特別会計予算は、9日の本会議におきまして、採決の結果、賛成多数で可決・成立しました。

今予算で練馬区議会公明党は、避難拠点※となる区立小中学校の防災機能強化を訴え、下記の内容を予算に反映することができました。
※区内で震度5弱以上の地震が発生した場合、区立小中学校が「避難拠点」となります。

●小中学校の体育館に空調設備(電気駆動方式)の設置が決定
平成31年度から概ね10年間で全ての区立小中学校に設置します。

●LEDランタン(避難拠点に各10台)の配備
避難拠点での明かり対策を充実します。

●可搬型スロープ(避難拠点に各1台)の配備
車いす使用時などバリアフリー対策として活用できます。

明日で3.11東日本大震災から7年となりますが、これからも練馬区議会公明党、私・小川こうじは防災・減災対策に全力で取り組みます。今後も日々精進を重ね、現場へ足を運び、地域の皆さまからお声やご要望を伺い、区民の皆さまのため、一生懸命働いてまいります。
——————————