小川こうじ 公明党練馬区議会議員

ひとりの声を大切に、地域のために働きます!

会派視察(宮崎県延岡市・鹿児島県霧島市)

視察 / 2017年7月25日

image1_19.jpg image2_11.jpg image3_8.jpg image4_6.jpg image5_2.jpg image6.jpg

7月24日(月)〜25日(火)の2日間、会派視察で宮崎県延岡市と鹿児島県霧島市に行ってまいりました。
1日目の延岡市では「健康長寿のまちづくり」について勉強させて頂きました。延岡市は、平成21年に当時全国の市町村で初の「地域医療を守る条例」を制定。平成22年から「健康長寿のまちづくり 市民運動 行動計画」を策定し、健康づくりに取り組まれています。この計画の特徴的なことは活動推進のため、区長(自治会長)に「健康長寿推進リーダー」を市長が委嘱している点。また、健康長寿ポイント制度についても伺いました。なお、この延岡市、市民の区(自治会)への加入率が何と90%(!)とのことで、大変に驚きました。
2日目の霧島市は、霧島市議会が議会改革ランキングで上位にあがっていることから「議会改革の取り組み」を市議会の時任議会運営委員会委員長、宮本広報広聴委員会委員長などより、平成21年に制定した「霧島市議会基本条例」を制定した背景。議会報告会「議員と語ろかい」を始めた経緯と継続の工夫。そして、本会議でのタブレット端末の活用の仕方などについて、ご説明頂きました。
今回の視察で学んだ施策は、そのまま練馬区で実現となるとかなり難しいですが、学んだことをどう区に生かしていけるか、考えていきたいと思います。