小川こうじ 公明党練馬区議会議員

ひとりの声を大切に、地域のために働きます!

実績ストーリー

小さな声を、聴く力!
現場第一で実績NO.1!ok_07_b

日々の活動の中で、皆さまから頂いたご意見やご要望は、
すぐに行政につなげて実現しています。

初当選より、約4年間。
「小さな声を、聴く力」

「現場の声から、政治を始める」をモットーに
区民相談は1,300件以上、そして、数多くの実績を作ることができました。

そんな実績の中から、「7つのストーリー」をご紹介します。

 

<実績ストーリー : Vol.1

「心羽えみの保育園石神井台」を開園!
  都有地を活用
  石神井台地域では初
  定員120人の認可保育園
  (住所:石神井台3丁目36番地)

保育所待機児童の問題は、大きな課題となってます。

区内にお住まいのご婦人や子育て世代の方々から、幾度となく「保育園入園」のご相談を受けました。

何としてもこの問題を解決したいと、小川こうじは都議会議員とも連携を取り、石神井台地域で、定員120人となる、都有地を活用した初めての認可保育園を開園することができました。

まだまだ解決には至ってない保育所待機児童問題。
これからも、ご期待にお応えするべく、取り組んで参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

<実績ストーリー : Vol.2

街かどケアカフェ「けやき」を開設!
~高齢者や地域住民の憩いと交流の場~
(住所:南大泉5丁目26番地19号)

高齢者や地域住民の方々が、気軽に集まりお茶を飲みながら、介護について学んだり、健康について相談をする地域の拠点の必要性を練馬区議会公明党として訴えてきました。

兼ねてから、この必要性を実感していた小川こうじは、先頭に立って動いてきました。
その結果、地域出張所跡地に「街かどケアカフェけやき」を開設することができました。

身近で利用しやすく、地域包括センターと地域集会所が一体となっており、とても使い勝手が良い等のお声を頂いております。

※広く周知できるように、公明党の提案で、パンフレットも作成されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

<実績ストーリー Vol.3

旧早稲田通りの歩道にカラー舗装で安全を確保!
~実際に現場で交通量を検証。体験からの対策実現へ~
(住所:石神井台2丁目21番地)

ボランティアで横断歩道の安全誘導をされている方から、車の行き来が激しいため、安全対策のご相談を受けました。

通学路にもなっていることから、小川こうじは現場へ行き、実際にどのぐらいの交通量があるのかを検証。

すると、約30分間で70台以上の車とバイクが行き来していることが分かりました。

身を持って危険性を痛感。すぐに対策へ動いた結果、通行車両に対して、色で周知をして歩行者の安全を図るカラー舗装を歩道にすることができました。

 

通学時間に現地へ行き、「正の字」で記録をしたメモ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<実績ストーリー : Vol.4

会話支援アプリ「UDトーク」を導入!
~聴覚障がい者 窓口での対応円滑に~

以前から、聴覚障がい者の方が、窓口での対応を円滑に行える仕組みを考えており、音声認識機能を備えるタブレット端末を用いた行政サービスの導入を進めてきました。

その中で、シャムロック・レコード株式会社が開発した「UDトーク」コミュニケーションアプリがあり、小川こうじは議会でも訴え続け、この度、このUDトークを活用したタブレット端末の導入を実現することができました。

《 UDトークについて 》
◆話した言葉がリアルタイムで画面に表示。
◆外国語翻訳機能付き。
◆スマートフォン等で無料ダウンロードが可。

一対一の会話の場や、多人数が参加する会議や会場等で幅広く活用され、障がい者を雇用する企業や自治体などでの導入が進んでおります。
※平成31年のとしまえんで行われた成人式の会場でも使用されました。

公明新聞〈全国版〉で紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<実績ストーリー : Vol.5

石神井公園で「かいぼり」を実施!
~生態系回復と水質改善図る~

「きれいな石神井公園の池を取り戻す」

今、環境改善の視点から外来種の駆除等で生態系の回復や水質改善を図るため、かいぼりの実施例が増加しております。

この度、都議会と区議会に要望をして、公明党の都議と区議が連携をして進めてきた、石神井公園内の水辺観察園のかいぼりが、小川こうじが先頭に立って取り組み、2018年11月17日(土)に実施することができました。

ポンプで水を抜き、その池の中に作業員とボランティアの皆様が入り、作業を行って頂きました。
オオクチバス(通称:ブラックバス)等の外来種駆除や在来種の保護、底泥の吸引・運び出し、浅場の整備、底泥の干し上げ等を行いました。

これからも、練馬区を代表する石神井公園の環境整備に積極的に取り組んで行きます。

※この取り組みは、公明新聞の地方版で紹介されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<実績ストーリー : Vol.6

区立たけやま緑地に「時計」を設置!
~子ども・地域住民の安全のために~
(住所:南大泉5丁目21番地)

子ども達の遊び場として、遊具も備え付いているたけやま緑地。
しかし、この公園には時計が付いていませんでした。

保護者や地域の方から
「子どもは遊びになると夢中になり、時間を忘れることがあり心配」と、子どもの帰宅が遅くなることへの不安の声を伺いました。

小川こうじは、練馬区の道路公園課にいち早く要望し、設置をすることができました。

設置に対して、地域の方からもとてもお喜び頂いております。

公明新聞〈地方版〉で紹介

 

 

 

 

 

 

 

 

<実績ストーリー : Vol.7

短時間無料自転車駐車場を設置!
~最初の2時間無料の自転車駐車場~
(大泉学園駅南口線路沿い)

放置自転車を何とかしてほしい――

このお声を聞き、すぐに大泉学園駅へ。
自転車を止める環境の整備が急務と感じ、区と連携を取りました。

その結果、最初に2時間を無料で止めることのできる自転車駐車場を大泉学泉駅南口の線路沿いに設置することができました。

利用者への周知を図り、放置自転車がなくなる取り組みをその後も強く要望し続け、現在では、多くの方が利用されており、放置自転車も減ってきているとのことで、効果が出ております。