バックナンバー: the ‘未分類’ Category

悪戦苦闘、めげずにがんばります。

 急な解散・総選挙で年末のご多忙な中、寒さも日増しに厳しくなる中、献身的にご支援を寄せていただいた支持者の皆様に心から御礼申し上げます。
 おかげさまで、公明党は東北ブロックで長年の悲願の2議席を獲得することができました。
 今後とも生活者政治実現の為、皆様の期待・一人ひとりの声を国会議員に繋げていきます。
これからも温かいご支援を宜しくお願い申し上げます。

      明るい農村パートⅤ~君の名は、僕の名は~

 小学1年生から80歳台のキャスト25名、ママさんコーラス、役場の職員の皆さん、出演された小学生のお母さん・お父さん、関係機関の皆さん、多くの人に協力していただき、無事成功裡に終了することができました。 心より感謝いたします。

 私も団員の一人として、今回のテーマ(温かく助け合うことの大切さ)を伝えようと、舞台の準備・練習・演技に汗を流しました。公演が終了し、お客さんを見送る子供達の顔・声の輝き、お客さんの温かい激励の言葉、ご年配の方の笑顔皺に、何とも言えないさわやかな気持ちになりました。

「13回の公演となり、団員も高齢化になりましたが小学生に参加していただき、又小学生の時出演してくれたメンバーが若いスタッフとして働いてくれました。将来継続への希望が見えてきました。」との団長の言葉が印象的でした。

 

少年野球大会、県内20チームが参加し開催され観戦しました。
早朝より子供達の賑やかな、大きな声を浴びることができ、久しぶりに少年時代を振り返るとともに未来への希望を感じることができました。

早朝よりの準備、夕暮れのグラウンドの整理等、多くの方が汗を流していました。我が町で開催してくれた関係者の皆様、大変にご苦労様でした、感謝申し上げます。

 地元学・民族研究家の結城登美雄先生の「地域づくりを考える」の講演を拝聴しました。
限界集落と言われている村も何百年も暮らしの場としてあり続けられたのは何故か。家族とは?田んぼとは?地域とは家族の集まり、そこには生き抜くための食の確保、協働の作業があり、支え合いがあった。その地を希望の場所、生きる充実の可能性を求めて都会より若者が移住している現実がある。

村の人が教えてくれた「よい地域である」為の7つの条件

1、 良い自然風土があること

2、 良い仕事の場があること

3、 良い居住環境があること

4、 良い文化があること

5、 良い仲間がいること

6、 良い学びの場があること

7、 良い行政があること

世界的には、食糧の争奪戦、エネルギーの争奪戦が繰り広げられている。食・エネルギーの地産地消がキーになるとの概要でした。

私の浅い捉え方ですが、地域づくりは、食の自給力(率ではなく力)、人を活かすことが原点と学ばせて頂きました。結城先生、企画した幹事の方々に感謝致します。